発達障害児のサポートサイト「それでもADHD」とは?子育てブログをご紹介

みなさんは「発達障害」という言葉を聞いたことがありますか?

近年よく聞く言葉として、1度は耳にしたことがあるかと思います。

 

ただ、一言で発達障害と言っても、全員に当てはまる訳ではありません。

なぜなら、それぞれ特性があり、いくつかの種類に分けられているからです↓↓

発達障害の3種類
  1. 自閉症スペクトラム障害(ASD)
  2. ADHD
  3. 学習障害(LD)

 

まずは、ここを理解する必要があります。

特に、発達障害児を持つ親御さんには覚えて頂きたい内容です。

発達障害児が「できない」理由は、実は脳のメカニズムに問題があります。

なので「親の教え方が悪い」「子どもの覚えが悪い」と卑屈になる必要はありません。

これは、すでに証明されていることなのです!

 

そんな発達障害児についてですが、筆者はとあるサイトにて学ばせて頂きました。

それは「それでもADHD」というブログです!

こちらのブログサイトの運営者の方は、実際に発達障害児を子に持つ親でした。

そして、夫婦でブログを運営し記事を書かれています。

全て実体験なので、その内容も非常に信憑性が高いです。

 

「それでもADHD」のサイトでは、どのような内容を発信されているのか?

さらに、発達障害児との関わり方で「ストレスを激減させる方法」とは何なのでしょうか?

 

今回は、発達障害児のサポートサイト「それでもADHD」についてご紹介します↓↓

この記事を見て分かること
  • それでもADHD」のサイトについて
  • ブログ記事」をご紹介
  • オンライン教材「すらら」とは?

 

発達障害児のサポートサイト「それでもADHD」とは?

 

冒頭では、発達障害児のサポートサイト「それでもADHD」について触れました。

なんで分かってくれないんだろう

すごく疲れる・・

など、子育てする上ではどうしようもない「悩み」や「ストレス」もあるでしょう。

 

しかし、第一に「発達障害」について深く知る必要があります。

原因を知らないのに、うまく対処することはできません。

まずは、お子さんがどのような特性を持っていて、どのジャンルに属しているのかを知る必要があります。

そうすることで「無駄に神経をすり減らしたり」「怒らなくてよいところで怒ってしまう」という状況から抜け出すことができるでしょう。

 

ではここからは、まず「それでもADHD」についてご紹介します。

ここまで記載した中身は、全てこちらのサイトから学ばせて頂いた内容です。

それでもADHDでは、実際にはもっと詳細に解説されています。

これだけでも非常に気になりますよね!

 

早速、ご紹介します↓↓

 

「それでもADHD」のサイトについて

まずは「それでもADHD」のサイト説明です↓↓

運営者について

  • しょう」さんと「奥さん」の夫婦2人で運営
  • 尚さんは「サラリーマン」で奥さんは「専業主婦

元銀行員で、現在は保険営業の職に就く

子育てを優先するために、残業の少ない仕事に転職

 

  • お子さんが「4人」いるので、6人家族
  • 発達障害」のお子さんがいる

 

サイトの内容

  • 発達障害児」に関する解説
  • 悪戦苦闘」のエピソード
  • 学習・勉強」方法
  • うまく「関わっていく方法
  • おすすめのオンライン教材「すらら」の紹介

 

ブログで発信する目的

  • 同じような経験をされているママ・パパさんの「手助け」となるように
  • 親の「苦労・疲労・ストレス・時間」を軽減してもらうため

 

以上「それでもADHD」についてでした。

運営者の尚さん夫婦は、実際に発達障害児のお子さんを持つ親です。

そして、尚さんご自身も発達障害だと記事にて記載がありました。

なので、余計にその大変さ・・・が身にしみて理解できるのでしょう。

 

先ほどのプロフィールでは割愛しましたが、尚さんが現在に至るまでの経緯はこうです↓↓

  • 学生時代には、父の影響で「スパルタ教育」を受ける

→家族全員が「一流大学」出身

→敷かれたレールの上を歩く人生となり「自身では決めきれない性格」となってしまう

 

  • 大学卒業後に就職するも「半年」で退職

→家族には内緒にしていたため、実家には帰れず「1人暮らし」がスタートする

 

  • 残業」が多すぎる勤務体制により、休みの日は休息をとるためにただただ過ぎてしまう
  • その後、退職して「バイト」を半年間続ける
  • 銀行に再就職」し、人間関係や社会生活を学び直す

→「最低限の事」が1人でこなせるようになり、実家にも顔を出す

 

  • 結婚」し、子どもに恵まれる
  • 就学したお子さんの「成績が悪い」ことに悩む
  • 」に通わせるも、なかなか成績があがらずお手上げ状態に

→後に、塾は諦め「両親が直接」教えることに

 

  • 調べる内に「発達障害」という言葉が目に入る

→調べれば調べるほど、該当していると「実感」する

 

  • 病院で検査をした結果「発達障害」だと診断される

→それまでに調べていたため、不思議と驚かずに「受け入れる」ことができた

 

  • うまく向き合うように「考え方」を改める

→「長い文章で説明をしない

→「1度に1つの事しか説明しない

など

 

  • 「自己学習」を目指すようになる

→オンライン教材「すらら」と出会う

→「すらら」を「独自の活用方法」で学習することで、結果的に「時間的」「金銭的」「精神的」「体力的」な負担を軽減することに成功

 

  • この経験を元に、同様に悩んでいる方の「手助け」となるようブログで発信中

 

上記のような経緯で、尚さんは現在に至ります。

ご自身の受けた教育」と「ご自身がする教育」は、同じではないためどうしても難しいです。

さらに、お子さんの勉強方法について解決するまでは、苦難の道だったかと思います。

 

しかし、奥さんと夫婦でリサーチしてオンライン教材「すらら」と出会ってからは、負担が軽くなったようです!

発達障害児=できない」ではなく「向き、不向き」があります。

すららは、お子さんの自己学習にマッチしたんですね!

 

この尚さんのこれまでの奮闘劇は、ブログサイト「それでもADHD」にて全て記載されています。

気になる方は、ぜひ覗いてみて下さい^ ^

 

→ブログサイト「それでもADHD」はこちら

 

「ブログ記事」をご紹介

先ほどは、ブログ「それでもADHD」についてご紹介しました。

ここからは「ブログ記事」をご紹介します。

 

「それでもADHD」では、順序立てて解説してくれています。

見る順番によって、内容の受け取り方も変わってしまうかもしれません。

ですので、おすすめ順でご紹介します↓↓

 

以上の3記事の順番がおすすめです!

では、1記事ずつ見ていきましょう。

発達障害児のレビュー!ママ塾の育児疲れを解放する5つのSTEP

内容

  • 発達障害への「勉強の教え方」を改善する方法

→改善することにより「空き時間」を作り出す

→「育児疲れ」を大幅に軽減する

 

目次

  • 【発達障害の種類】自分の子どもの特性を正確に理解する方法
  • 【発達障害とは?】5分で復習!発達障害の3つの特性
  •   ①自閉症スペクトラム障害(ASD)
  •   ②ADHD(注意欠如と多動性・衝動性)
  •   ③学習障害(LD)
  •   発達障害児の特性が混在するケース
  •   発達障害まとめ
  • 発達障害は得意・不得意の見える化でママの育児疲れが変わる!?
  •   検査を受けると何がわかる?
  •   WISC検査・WAIS検査とは
  • 発達障害児の勉強はママのワンオペが当たり前!?
  •   家庭は夫婦の共同経営!夫の「手伝う」発言はNG!
  •   ママ塾の限界
  • 発達障害児のママ塾は激務!育児疲れを解放するもう1つのママ塾とは!?
  •   発達障害児は塾で効果を上げるのは難しいかも!?
  •   もう1つのママ塾効果で空き時間が作れるようになった!
  • まとめ 

 

記事の信憑性

  • ①「国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター」 で夫と子どもが検査したWISC-Ⅳ・WAIS-Ⅳの数値結果に対する精神科医の解説と質疑応答。
  • ②「某メンタルクリニック」 で夫と子どもが検査したWISC-Ⅳ・WAIS-Ⅲの結果の読み取り方。分析方法を臨床心理士に解説していただいた内容と質疑応答。

→上記①,②の内容を元に記載

 

総括

  • 自分の子どもの発達障害の「特性」をしっかり理解する
  •  「WISC・WAIS検査」で得意・不得意を見える化する
  • 」にも本気で教育に参加してもらう 
  • もう1つのママ塾。「オンライン教材」を活用して空き時間を作る

 

 

【発達障害児のママ必見!】WICS・WAIS検査結果の見方をやさしく徹底解説

内容

  • ウェクスラー検査の「WICSウィスク」「 WAISウェイス」2種類の「見方」を解説

→現在は「WISC-フォー」「WAIS-フォー」が最新

→1つの分野を「2種類ずつ」検査するため、合計で「5分野10種類」となる

 

目次

  • 【ウェクスラー検査】WISC・WAISとは
  •    5分野の知的能力(IQ)
  •   パーセンタイル(正規曲線)
  • 発達障害のママ塾でWISC・WAIS検査後に必須でやるべきこと
  •   言語理解の数値が低い場合
  •   知覚推理の数値が低い場合
  •   ワーキングメモリの数値が低い場合
  •   処理速度の数値が低い場合
  • まとめ 

 

 

記事の信憑性

  • ①「国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター」 で夫と子どもが検査したWISC-Ⅳ・WAIS-Ⅳの数値結果に対する精神科医の解説と質疑応答。
  • ②「某メンタルクリニック」 で夫と子どもが検査したWISC-Ⅳ・WAIS-Ⅲの結果の読み取り方。分析方法を臨床心理士に解説していただいた内容と質疑応答。

→上記①,②の内容を元に記載

 

総括

  • 5分野の数値から本人の「得意・不得意を見極める」ことが重要

→「全検査IQ」「言語理解」「知覚推理」「ワーキングメモリー」「処理速度

  • どのような説明の仕方をしたら効果的か」「 どのような勉強の教え方にしたら理解しやすいか」という方針を立てる 

 

  • 焦らず、ゆっくり子どもと一緒に試行錯誤しながら「ベストな教育方法」を見つける

 

 

【すららの口コミ・評判】発達障害の子どもが3年間利用した生の声!

内容

  • オンライン教材「すらら」の体験談をご紹介

→「特徴・効果」について

→「金額」について

→「メリット・デメリット」について

 

目次

  • 【すらら体験談!】すららを選んだ理由
  •   【すらら体験談!】①多感覚学習
  •   【すらら体験談!】②対話型動画レクチャー
  • 【すらら体験談!】③無学年方式 すららを活用した効果的な勉強法
  •   【すららの効果的な勉強法】①ゴールを決めてから学習を開始させる
  •   【すららの効果的な勉強法】②対話型動画レクチャーをフル活用する
  •   【すららの効果的な学習法】③「教科書対応表」をベースに学習する
  •   ④楽しい機能はあえて使用しない
  • すららの料金
  • すららのタブレット・パソコン
  • すららのメリット・デメリット
  •   すららのメリット
  •   すららのデメリット
  •   すららのちょっとイライラ・うざいところ
  • すららの口コミ・評判【発達障害の子どもが実際に利用した生の声】
  • まとめ 

 

重要・大切なポイント

  • 多感覚学習
  • 対話型動画レクチャー
  • 無学年方式

 

  • ゴールを決めてから」学習を開始する
  • 対話型レクチャー」をフル活用
  • 教科書対応表」をベースに学習する
  • 楽しい機能は「あえて使用しない

 

総括

  • 塾を変えても学校の勉強についていけなかったのに何とか「ついていけるように」なった
  • 自分1人で勉強」をすることができるようになった
  • 自分で勉強したところを「理解できるように」なった
  • 空き時間」を作り出すことができた
  • 心労・疲労・イライラ」を減らすことができた 

 

以上が、おすすめの3記事の概要でした!

ここでは代表的な内容だけ羅列させて頂きましたが、本来のブログではさらに詳細に解説されています。

体験談を元に書かれているため、内容が非常に充実しています。

 

しかし、「それでもADHD」で言いたいことはただ1つです↓↓

  • 親自身が、発達障害の「特性」を理解すること
  • 検査結果」を読み取って、適切な「勉強方法」を導き出すこと
  • その集大成とも言えるのが、オンライン教材「すらら」だったこと

 

=「すらら」を「独自の活用方法」で学習することで、結果的に「時間的」「金銭的」「精神的」「体力的」に負担が軽減されること

 

発達障害児を子育てするということは、並大抵の努力ではないです。

それを肌で痛感しているからこそ、尚さん夫婦はブログで発信しています。

そうして、同じように悩んでいる親御さんたちの「手助けになれば!」という気持ちで取り組まれているのです!

 

改めて、ご紹介しました3記事の順序をまとめます↓↓

 

こちらの順番で見て頂ければ、しっかりと内容が入ってくるはずです!

さらに「それでもADHD」には、今回ご紹介していない別の記事もあります。

残りの記事もかなり有益な情報が書かれているため、ぜひチェックしてみて下さい^ ^

 

→ブログサイト「それでもADHD」はこちら

 

 

オンライン教材「すらら」とは?

最後に、オンライン教材「すらら」についてご紹介します!

先ほどと重複する部分はありますが、特徴をお伝えできればと思います↓↓

すららについて

対象

  • 発達障害
  • 学習障害
  • ADHD
  • ASD
  • グレーゾーン

 

特徴

  • 無学年方式

→苦手な単元を何年もさかのぼって勉強できる

→分野ごとに学年串刺しの体系的な学びができる

 

  • 多感覚学習

人に教わるのが苦手な時期でも安心して学習できる

ワーキングメモリーの機能を向上させる働きがある

→「文字」と「」と「イラスト」を結びつけて学ぶ

→親しみやすいキャラクターも登場

 

  • 親御さんの負担を軽減

→発達障害児の指導経験が豊富な専任コーチがサポート

すららコーチが親御さんをサポート(学習設計)

 

  • 小学生~高校生向け

→国語・数学・理科・社会・英語の「5教科」対応

 

  • 日本eラーニング大賞 文部科学省大臣賞 受賞(2012年)

 

  • 専門機関「子どもの発達科学研究所」と共同開発

 

  • すららコーチが、お子さんに質問をする

必要な刺激を与え、不要な刺激(雑情報)を無くす

 

おすすめの方

  • 勉強をどう教えたらよいのか分からない
  • 物事の仕組みを理解してくれない
  • どこからつまづいたのか分からない
  • 勉強以前に、動作言葉つながらない
  • 気分にムラがあって、勉強が続けられない

 

以上、オンライン教材「すらら」についてでした!

かなり万全のサポート体制が整っているサービスでしたね!

これであれば、お子さんも「勉強をさせられている感」が少なく学習できると感じました。

 

さらに「お子さんとすららコーチ」「親御さんとお子さん」「親御さんとすららコーチ」というトライアングルの連絡経路があることで、漏れなく学習ができそうです。

お子さんの勉強の進み具合も知ることができるので、親御さんとしても助かります。

すららコーチが親御さんとの連絡内容によって「学習設計」をしてくれるのも嬉しいです!

 

「それでもADHD」の記事を見てすららが気になった方は、公式サイトを見ていて下さい^ ^

 

→オンライン教材「すらら」の公式サイトはこちら

 

「それでもADHD」についてまとめ

 

まとめ

「それでもADHD」について

運営者情報

  • しょう」さんと「奥さん」の夫婦2人で運営
  • 尚さんは「サラリーマン」で奥さんは「専業主婦

元銀行員で、現在は保険営業の職に就く

子育てを優先するために、残業の少ない仕事に転職

 

  • お子さんが「4人」いるので、6人家族
  • 発達障害」のお子さんがいる

 

サイトの内容

  • 発達障害児」に関する解説
  • 悪戦苦闘」のエピソード
  • 学習・勉強」方法
  • うまく「関わっていく方法
  • おすすめのオンライン教材「すらら」の紹介

 

ブログで発信する目的

  • 同じような経験をされているママ・パパさんの「手助け」となるように
  • 親の「苦労・疲労・ストレス・時間」を軽減してもらうため

 

尚さんのこれまでの経緯

  • 学生時代には、父の影響で「スパルタ教育」を受ける

→家族全員が「一流大学」出身

→敷かれたレールの上を歩く人生となり「自身では決めきれない性格」となってしまう

 

  • 大学卒業後に就職するも「半年」で退職

→家族には内緒にしていたため、実家には帰れず「1人暮らし」がスタートする

 

  • 残業」が多すぎる勤務体制により、休みの日は休息を取るためにただただ過ぎてしまう
  • その後、退職して「バイト」を半年間続ける
  • 銀行に再就職」し、人間関係や社会生活を学び直す

→「最低限の事」が1人でこなせるようになり、実家にも顔を出す

 

  • 結婚」し、子どもに恵まれる
  • 就学したお子さんの「成績が悪い」ことに悩む
  • 」に通わせるも、なかなか成績があがらずお手上げ状態に

→後に、塾は諦め「両親が直接」教えることに

 

  • 調べる内に「発達障害」という言葉が目に入る

→調べれば調べるほど、該当していると「実感」する

 

  • 病院で検査をした結果「発達障害」だと診断される

→それまでに調べていたため、不思議と驚かずに「受け入れる」ことができた

 

  • うまく向き合うように「考え方」を改める

→「長い文章で説明をしない

→「1度に1つの事しか説明しない

など

 

  • 「自己学習」を目指すようになる

→オンライン教材「すらら」と出会う

→「すらら」を「独自の活用方法」で学習することで、結果的に「時間的」「金銭的」「精神的」「体力的」な負担を軽減することに成功

 

  • この経験を元に、同様に悩んでいる方の「手助け」となるようブログで発信中

 

 

それでもADHDのブログを見る順番

 

※内容については記事内にてご紹介済みのため、ここでは割愛します

 

すららのサービス内容

対象

  • 発達障害
  • 学習障害
  • ADHD
  • ASD
  • グレーゾーン

 

特徴

  • 無学年方式

→苦手な単元を何年もさかのぼって勉強できる

→分野ごとに学年串刺しの体系的な学びができる

 

  • 多感覚学習

人に教わるのが苦手な時期でも安心して学習できる

ワーキングメモリーの機能を向上させる働きがある

→「文字」と「」と「イラスト」を結びつけて学ぶ

→親しみやすいキャラクターも登場

 

  • 親御さんの負担を軽減

→発達障害児の指導経験が豊富な専任コーチがサポート

すららコーチが親御さんをサポート(学習設計)

 

  • 小学生~高校生向け

→国語・数学・理科・社会・英語の「5教科」対応

 

  • 日本eラーニング大賞 文部科学省大臣賞 受賞(2012年)

 

  • 専門機関「子どもの発達科学研究所」と共同開発

 

  • すららコーチが、お子さんに質問をする

必要な刺激を与え、不要な刺激(雑情報)を無くす

 

おすすめの方

  • 勉強をどう教えたらよいのか分からない
  • 物事の仕組みを理解してくれない
  • どこからつまづいたのか分からない
  • 勉強以前に、動作言葉つながらない
  • 気分にムラがあって、勉強が続けられない

 

以上「それでもADHD」についてでした。

まだサイト自体の記事数は多いとは言えませんが、有益さで言えば「素晴らしい」の一言です!

(上から目線ではありません!)

 

同じ様に悩まれている親御さんは、この記事を見ることで非常に助かると思います。

デリケートな問題のため、どうしても「周囲には相談しにくい」ということもあるかもしれません。

そんな方たちのための教科書として「それでもADHD」が道しるべとなるでしょう。

 

今後も、どんどん・・・・記事がアップされていくと思うので楽しみです!

さらなる有益な情報を、心待ちにしています^ ^

 

→ブログサイト「それでもADHD」はこちら

→オンライン教材「すらら」の公式サイトはこちら