【娼年】松坂桃李が笑える?声やセリフ/サングラス姿のシーンから解説

この記事を読むのに必要な時間は“約 5 分”です。

 

濡れ場が圧倒的に多いと噂されている娼年。

娼年】というタイトルからも、なんとなくドロドロしたイメージが浮かぶ人も多いのではないでしょうか?

しかし、いざ視聴者の感想を聞いてみると「むちゃくちゃ笑った」という声が多いです。

 

なぜ、ここでお笑いの要素は出てくるのでしょうか。。

みなさんを楽しませたシーンが、非常に 気になります。

 

今回は【娼年】についてお話します↓↓

★この記事を見ることで、主役のリョウを演じた松坂桃李がなぜ笑えるのかが分かります!

 

【娼年】松坂桃李が笑える?

 

娼年には、男女共に思わず笑いが飛び出てしまうシーンがあります。

作品を見たことがある人であれば「あぁ、あの場面ね。。」と自信たっぷりに振り返れると思います。

予想していた内容と全く違う映画の展開に、視聴者はどのようなう感想を持ったのでしょうか?

ここからは、ネット上の意見を交えながら解説します。

 

笑えるというネット上の声

映画【娼年】が笑えるという声をご紹介します↓↓

 

 

 

 

 

笑える意見まとめ

●笑いをこらえるのがしんどいR18映画

●この作品は、エロと言ってよいのか疑問

●受け取り方にもよるが、サングラスと和太鼓はダメ

女子会しながら観たいレベル

●泉川 (演:西岡徳間)が暴走するシーンに、つい「えっ…」となった

●サングラスと和太鼓のシーンは、定期的に観たくなるほど伝説的

 

以上、視聴者からの笑える意見でした。

この映画のジャンルを一言で表現するのであれば「アダルトギャグ」ですね!

ストーリーの展開と、松坂桃李の絶妙な演技がうまく組み合わされていて、アダルトとギャグが同時に楽しめる内容と言えます。

 

松坂桃李演じるリョウの喘ぎ声が不自然

映画の中では、内容の分かりやすさが意識されているように感じました。

そのためか、女優だけでなく、松坂桃李(リョウ)自身もややオーバーな演技に見えます。

 

確かに違和感はありましたが、彼の豊かな表情や声は、わざとらしく見えても引き付けられてしまう魅力があります。

似たようなシリーズが量産されているアダルト作品に比べると、鼻に付くような独特の無粋さを感じさせません。

前戯のテクニックで評価は下がりましたが、女性にも十分に楽しめる内容でした。

 

アダルトっぽいが、単純にアダルトだけではない

自分の存在や生き様を見つめ続けるリョウの姿は、欲望を満たすだけのそれとは違って見えます。

余裕のないオーバーな喘ぎ声も、現実だったら興覚めしてしまうはずですが、作品の流れ的には好感が持てました。

 

おしっこが見たいというリョウのセリフが面白い

リョウの指名客の中には、イツキという女性がいます。

彼女は、子供の頃に好きな男の子の前でお漏らしをしてしまった体験を持っていました。

そして、その体験から「おしっこ」を漏らしている所を見られると興奮するようになります。

それによって、得られるエクスタシ―に浸る性癖を持つようになりました。

 

イツキは、自分がリョウを指名した理由を打ち明けます。

私の事を理解して、ある程度の知性を持ち文化的なバックグラウンドを共有出来る相手に見てもらいたい…

だけど、そんな男はなかなかいなかった。

 

イツキは子供の頃の記憶と、成長するにつれて大きくなっていく欲望の差に苦しみます。

しかし、リョウはこの気持ちを充分に理解することができました。

僕はイツキさんのおしっこが見たいです」と、まっすぐな眼差しで言い放ちます↓↓

 

演出なので仕方ないですが、「おしっこが見たい」と聞くと、つい笑ってしまいそうになります。

ただ、彼女の欲望はそれ以上でも以下でもありません。

それを読み取る感性こそが、普通であるリョウの天性のように感じました。

 

サングラスをかけてドSキャラを演じる姿に爆笑

リョウは、とある依頼を受けて山奥の邸宅へと足を運びます。

身体が不自由な旦那が、妻を抱けないもどかしさから「代わりにしてくれ」という内容でした。

その様子を夫自ら撮影するという、狂気のシーンです。

さらには、旦那の要望によってリョウが普段とは違うキャラにさせられます。

いつもだったら「THE・普通」が売りのリョウですが、この時ばかりは夫婦の要望に答えようと、黒いサングラスをかけて必死にドSキャラに豹変しました。

 

奥さん!このドレスと下着、破ってしまってもいいですか!?

アダルトでは定番のセリフが次々と出てきますが、松坂桃李の声で聞いてしまうと別物になってしまうので不思議です。

松坂桃李がこれまで演じてきたキャラとは180度違った印象に、エロを通り越して笑いが堪えきれませんでした。

 

さらには、寝取られ夫自身が興奮してしまい、撮影そっちのけでセルフプレイに走ります。

まさかの露骨な反応に、リョウも「え・・」と、途中で動きが止まりました。

構わず続けろ!」と指示され再び続行し、最後にはリョウと夫の2人が同時に限界に達します。

そして、勢いよく同時発射する姿に、思わず吹き出してしまった人も多いことでしょう。

 

このシーンが「1番笑える!」と、ネットでも話題になっていました!

 

【娼年】についてまとめ

 

まとめ

笑えるというネット上の声 

●笑いをこらえるのがしんどいR18映画

●この作品は、エロと言ってよいのか疑問

●受け取り方にもよるが、サングラスと和太鼓はダメ

女子会しながら観たいレベル

●泉川 (演:西岡徳間)が暴走するシーンに、つい「えっ…」となった

●サングラスと和太鼓のシーンは、定期的に観たくなるほど伝説的

 

●松坂桃李演じるリョウの喘ぎ声が不自然

● おしっこが見たいというリョウのセリフが面白い

●サングラスをかけてドSキャラを演じる姿に爆笑

→さらには、1番盛り上がる「同時発射」が神シーンとなっている

 

松坂桃李の凄さは、監督の意図を理解して、その期待に応えているところです。

特にサングラスのシーンでは、緊張が高まったところから和太鼓のBGMで盛り上がっていくので、流れが計算しつくされていました。

この演出は、本当に見事でした。

 

【娼年】の三浦大輔監督の他の作品も、続けざまに見たくなってしまいます!

アダルトとギャグを同時に楽しめて、さらに映像美も鑑賞できるお得感たっぷりの作品でした。

ぜひ【娼年】を、ご覧下さい^ ^

 

✔チェック

映画【娼年】の動画を見る方法はこちら↓↓

 

【娼年】映画のフル動画を無料視聴する方法!おすすめ配信サービス3選

 

合わせて読みたい>>>>>

【娼年】は怖いし気持ち悪い?アズマの傷や小指の骨を折るシーンから解説

【娼年】映画は下手で痛そう?リョウの生々しい演技の評判から解説

【娼年】はなぜ泣けるのか?感動シーンをまとめてご紹介!

 

ABOUTこの記事をかいた人

zunpapa

ずんぱぱです! 家族4人暮らしをしています。 子どもは女の子が2人です^^ 趣味に関することをブログにしていきます! よろしくお願いします!