マッシュルはまさかの人気で買うべき?なぜ面白すぎるのか?

公開日: 2022年7月14日 | 最終更新日: 2022年7月17日

 

今、話題沸騰中のジャンプ漫画【マッシュル】。

マッシュルは魔法が使える者が絶対の世界で、最強の筋肉をもつマッシュが戦う「魔法×筋肉」の痛快アクションです。

また、そのハリーポッターのような世界観からか、この漫画は海外で大きな話題となり、フランスでは日本よりも大人気とのこと。

 

◆ハリポタのパクリ疑惑はこちら↓↓

 

では、そんなマッシュルは果たして面白いのか?

本当に、話題となるほどの内容なのでしょうか?

 

今回は、原作が人気でアニメ化も決定したマッシュルについて解説します↓↓

この記事を見て分かること
  • マッシュルが人気だと分かる声
  • 漫画を購入する価値
  • 面白い理由について

マッシュルはまさかの人気で買うべき?

 

創刊50周年を越え、ますます盛り上がりを見せる「週間少年ジャンプ」。

鬼滅の刃・ドクターストーン・呪術廻戦など、人気作品がアニメ化されています。

そして、次はどの作品の映像化が発表されるのか話題の中で、意外なダークホースとして「マッシュル」のアニメ化が2023年に決定。

ここから、作品が注目され始めました。

 

しかし、まだまだ巻数は少なく、これから人気作品として花開くか否かの境界線にあるとみて間違いないでしょう。

 

マッシュルは買うべきか否か

主人公マッシュに合わせて、シュークリームまたはプロテインを片手に考えてみてください↓↓

 

マッシュルはまさかの人気でファンが激増している

 

日本の漫画が海外でもヒットしていることは、テレビやネット記事を通じてご存知の方も多いと思います。

これまで海外でヒットした作品は、まずは「日本で話題となり、それが外国に伝わる」という流れがほとんどでした。

 

しかし、マッシュルの場合は、海外でのヒットから
日本で話題になるという逆輸入のような形で人気に火が付きました。

現在、まとめサイトでもマッシュル関連の記事が増えていて、ファンが激増中なのが分かります。

 

なんと言っても、マッシュルはあの「ハリー・ポッター」から大きな影響を受けた作品なので、日本人よりも海外の人たちの方が馴染みやすいのです。

これこそが、逆輸入として人気に繋がったのかもしれません。

 

ジャンプで期待を集める「次の看板作品3選」にも選ばれた

マッシュルは、ヤフーニュースの記事「次の看板作品3選」に選ばれました↓↓

次の看板作品3選
  • 逃げ上手の若君
  • 僕とロボコ
  • マッシュル

 

逃げ上手の若君は、かつての人気作「暗殺教室」や「魔人探偵脳噛ネウロ」を世に送り出した松井優征先生で、上記の2作はどちらもアニメ化されています。

まさに、ジャンプ作家の中でも注目のヒットメーカーです。

 

僕とロボコは、パロディ漫画「お約束のネバーランド」を描いた宮崎周平先生です。

宮崎先生は呪術廻戦のアニメ化に際し、エンディングテーマを「ロボコver」として1人で作成。

その完成度の高さが、ネットで大きな話題となりました。

 

そして、マッシュルの作者である甲本一先生は、今作が初の週刊連載です。

他ののお二人と比べると実績こそありませんが、連載を重ねる中での上達ぶりは目を見張るものがあり、今後の成長に期待が持てます。

 

「次の看板作品3選」に選ばれた先生方は、まさしく三者三様で、これからどのような活躍を見せるのかも気になりますね。

 

 

アニメ化が決定に際し「もっと楽しむため」に買うべき

マッシュルの単行本4巻が発売された時に、そこで登場する全キャラを「花江夏樹さん」が演じたスペシャルPVがユーチューブで公開されました。

花江夏樹さんといえば、鬼滅の刃の主人公「竈門炭治郎」を演じた今人気の男性声優です。

このPVを見れば、ジャンプ編集部が「マッシュル」のアニメ化に情熱を燃やしていることは間違いないでしょう!

アニメが放送されれば、バトル漫画であるマッシュルのアクション部分がどのように表現されるか気になるところです。

 

しかし、マッシュルは同時にギャグ漫画でもあるため、アニメで表現するのが難しいと言われています↓↓

  • マッシュの天然な行動
  • 周りのシュールなリアクション
  • 独特の「間」

など

 

このあたりも、欠かせない魅力1つです!

ギャグの部分は漫画で楽しみ、アクション部分はアニメに期待する。

そんな使い分けをするのも良いでしょう。

マッシュルを楽しむため、ぜひ今買うべき作品だと感じます^ ^

 

なぜ面白すぎるのか解説

 

先ほどは、マッシュルを買うべき理由についてご紹介しました。

ここからは「マッシュル」という作品の魅力について解説します。

 

ハリポタ的な雰囲気に、一見これまでの漫画と比べて異質に思えますが、中身はしっかりジャンプ漫画としての芯が感じられる作品です。

異質さと王道。

この2つが同居するのが、マッシュルの大きな魅力と言って良いでしょう。

それでは、その魅力を1つずつ見ていきましょう↓↓

 

「筋肉×魔法」という斬新な設定に惹かれる

 

前述したとおり、マッシュルの世界は「魔法が絶対」というルールが存在します。

魔法の才能の優劣により、人生が決まってしまう不条理な世界です。

 

その中で主人公のマッシュは、まったく魔法が使えず
存在そのものが罪とされ、ひっそりと生活していました。

「不条理な世界で、無力な主人公が戦う」という物語自体は、決して珍しいものではありません。

 

しかし、主人公マッシュが斬新なのは、魔法では無力でも「筋肉で最強」という点です。

なんと、魔法が絶対の世界で筋肉1つで打ち勝っていくという、とんでもストーリーとなっています。

 

その最強ぶりは凄まじく、

  • 攻撃魔法をはたきおとす
  • 魔法の迷路を筋肉で破壊して突破
  • ホウキを投げ、そこに飛び移る
  • ホウキにまたがり、足をバタバタさせて浮く
  • 魔法の扉をテコの原理で開ける

など

 

挙げだすと、キリがありません。

「剣と魔法」ではなく「筋肉と魔法」の斬新さが随所で光っています。

 

強めのギャグ路線の中でたまに入る「シリアス・バトルシーン」が面白い

マッシュルはギャグ路線が基本ですが、「シリアスな戦闘」も魅力です。

一例として、マッシュの友人・ランス・クラウンを取り上げます。

ランスには、病気を抱える妹がいました。

病院のせいで魔力を失う妹を守るため、戦い続けます。

ランスは使命を持ちながら、良い方向へと進むいわば聖の魔法使いです。

 

もう1人、ピックアップします↓↓

それは、敵として現れたマギア・ルプスのNO.2「アビス」です。

アビスは、その能力を忌み嫌われていました。

 

しかし、そんな力をもったアビスでもマギアルプスでは受け入れてくれます。

自分を受け入れてくれたリーダーのために、アビスもまた戦い続けるのです。

ランスが聖の魔法使いであれば、アビスは悪い報告へと進んでしまった闇の魔法使いと言えるでしょう。

 

不条理な世界で、それでも譲れないものを持つ者同士の戦いは、才能と戦術、そして想いが高度に組み合わさり、感情が揺さぶられる名勝負ばかりです。

このようなバトルも、マッシュルの魅力の1つでしょう!

 

単純に「魔法での戦い」が格好良い

 

マッシュが筋肉で戦うことが注目されがちですが、仲間たちが魔法で戦うシーンが格好良いです。

マッシュルの見どころの1つだと思います。

 

魔法使いは、それぞれ特性を持っています。

純粋にその力を向上させる魔法もあれば、絡め手を使った戦い方もあります。

 

さらに、一口に「魔法」と言っても「火」「風」などの基本的なものから「剣」や「人形」といった変わりダネも存在。

そして、それはお互いの相性も大きく関係してくるため、戦いの行方は予測不可能なものばかりです。

 

魔法は強力なものになるほど、規模も巨大になるので、戦いはどんどん派手になっていきます。

マッシュの筋肉に隠れがちですが、この魔法による戦いも見逃せないポイントでしょう!

 

初期の頃より画力が上がっていて「ド迫力」に惹き込まれる

 

作者の甲本一先生は、先述のとおり「マッシュル」が初連載です。

正直なところ、連載当初は「絵がイマイチ・・」という評価もありました。

 

しかし物語が進むにつれ、画力がどんどん向上しています。

周囲を埋め尽くすほどの強大な魔法もさることながら、マッシュが持ち前の筋肉で相手を倒すシーンは、まさにド迫力!

また、迫る危機を次ページで気持ち良く解決するテクニックを使用したりと、演出も「魅せる」ものになってきています。

今後、甲本先生がどのように漫画家として成長していくかも、マッシュルと合わせた見どころです。

 

【マッシュル】人気の理由についてまとめ

 

まとめ

マッシュルを買うべき理由

  • マッシュルはまさかの人気でファンが激増している
  • ジャンプで期待を集める「次の看板作品3選」にも選ばれた
  • アニメ化が決定に際し「もっと楽しむため」に買うべき

 

面白すぎる理由について

  • 「筋肉×魔法」という斬新な設定に惹かれる
  • 強めのギャグ路線の中でたまに入る「シリアス・バトルシーン」が面白い
  • 単純に「魔法での戦い」が格好良い
  • 初期の頃より画力が上がっていて「ド迫力」に惹き込まれる

 

以上、マッシュルの面白さについてでした!

いかがでしたでしょうか?

「ハリポタ的世界観」や「筋肉と魔法」の組み合わせで、先に海外から人気に火がついた異色の作品でした。

ただ内容は、ジャンプ漫画の王道「友情・努力・勝利」を貫いています。

 

物語は盛り上がりを見せ、アニメ化放送も期待されている本作。

ぜひ原作漫画を手にとって、いち早く話題に乗ってみることをおすすめします^ ^

 

 

マッシュル マンガ情報

 

\漫画の最新刊「12巻」が発売中/

アニメでは見れないシーンなので、続きが気になった方はご覧下さい↓↓

 

マンガのお得情報を見る