マッシュル-イノセントゼロの正体や目的は?能力や強さは?

公開日: 2023年1月16日 | 最終更新日: 2023年2月2日

 

マッシュル】には、中盤から圧倒的な力で世界を闇に染める存在が登場します。

それは、「無邪気な深源イノセント・ゼロ」のお父様です。

※以下、イノセントゼロと呼称します

 

このイノセント・ゼロは、悪役でありながら主人公の父親であるという変わった立ち位置です。

なので、異常にマッシュに固執する傾向があります。

 

 

 

もちろん敵なのでマッシュとは戦うことになるのですが、少年マンガでは珍しい親子の敵対関係となります。(幽遊白書の幽助と雷禅など)

では、このイノセント・ゼロの正体や目的とは何なのでしょうか?

今回は、主人公のマッシュの父親・イノセント・ゼロについて解説します↓↓

 

この記事を見て分かること
  • イノセントゼロの「正体」や「目的」について
  • イノセントゼロの「能力」や「強さ」について

 

 

お得にマッシュルを読むなら

Amebaマンガ

 

大手の電子書籍サービスなので安心

\100冊すべてが40%オフ

今すぐクーポンを利用する

※登録は無料です

 

 

 

イノセントゼロの正体や目的は?

 

冒頭では、イノセント・ゼロについて簡単に触れました。

ここからは、まずイノセント・ゼロの「正体」や「目的」について解説します。

どんな正体でどんな目的を持っているのか。。

早速、見ていきましょう↓↓

 

正体① アダム・ジョブズの一番弟子

イノセント・ゼロは、あの「アダム・ジョブズの一番弟子」です。

アダムは闇魔法の使い手であり、神覚者の礎となった魔法使いです。

まさしく「神」と呼べるほどの凄まじい実力があります。

「アダムがいたからこそ、魔法社会が作られた」と言っても過言ではありません。

それほど偉大な魔法使いであり、その後に影響を与えた人物です。

 

イノセント・ゼロを始め、ウォールバーグ・バイガンメリアドールはアダムの一番弟子となりました。

しかし、同じ一番弟子たちの中でも、その思想は異なっていました。

  • 自分自身のために動くイノセント・ゼロ
  • 他者のために動くウォールバーグ

 

この考えの違いによって、袂を分かつ事になったのです。

そうして、イノセント・ゼロは次第に闇落ちしていくのでした。

 

正体② マッシュの本当の父親

そして冒頭でもご紹介した通り、イノセント・ゼロはマッシュの父親です。

彼が、マッシュに接近した時「可愛い息子」と評したので間違いありません。

マッシュが魔力を持たないため見下していますが、なぜか同時に固執してもいます。

 

さらに、イノセント・ゼロには「悪魔の五つ子」デビルクンタブレットと呼ばれる5人の息子たちがいて、マッシュはその末弟に当たります。

しかし、イノセント・ゼロはマッシュを始めとする息子たちのことを、目的のための単なる道具としか見ていませんでした。

表向きは愛情を向けている素振りをしますが、内心では道具扱いしているのです。

 

 

目的① マッシュを手に入れること

そんなイノセント・ゼロですが、何のために悪の道へ進んだのでしょうか?

まず、その目的の1つ目は「マッシュを手に入れること」です。

イノセント・ゼロが描くとある目的・・・・・のためにマッシュは必要不可欠だったのです。

そのために、わざわざ自ら乗り込んできて連れて行こうとしました。

 

目的② 不老不死を持つ心臓の錬成 (造体禁忌魔法)

では、イノセント・ゼロの「とある目的」とは何なのか?

それこそが「不老不死の心臓を造ること」です。

これは「造体禁忌魔法」と言われる、世界で禁止されている魔法です。

 

この魔法に必要な条件が「6つの心臓」でした。

マッシュを連れて行く理由や、デビルクンタブレッドの息子5人を利用しようとするのも、この6人の心臓から造体禁忌魔法を発動させるためです。

最終的に、イノセント・ゼロは「不老不死」となり、完璧な存在になろうとしているのでしょう。

 

能力など強さは?

 

ここまで、イノセント・ゼロの正体や目的について解説してきました。

不老不死という目的のために、マッシュを付け狙っていたわけですね。

 

では、ここからはイノセント・ゼロの「能力」や「強さ」も見ていきたいと思います。

アダム・ジョブズの弟子ということで、相当な実力を持っていることは間違いありません。

能力ごとに、細かく見ていきましょう↓↓

 

能力① 時間を操る固有魔法「タイムズ」

1つ目となる、イノセント・ゼロの固有魔法は「タイムズ」です。

その名の通り「時間を操る能力」があります。

この段階で、すでにチートな能力であることが分かりますよね。

時間を操作できる能力者は「強い」というのが、どの作品でも共通する事実です。

 

能力② タイムズ「リビングデッド」

イノセント・ゼロの2つ目は、タイムズの「リビングデッド」という能力を使用します。

こちらも禁忌魔法とされていて、出現した棺桶から死んだはずのアダムが出て来た事から「死者を再生させられる魔法」です。

ただ、そんな悪魔的魔法なので簡単ではありません。

  • 対象の肉片があれば肉体を再生させられる
  • 肉体が経過した時しか戻せない
  • 精神や魂までは復活しない

 

なので、普通の使用者であればゾンビのようなただの「でくの坊」になるのが関の山です。

しかし、イノセント・ゼロが使えば「全盛期の状態」まで戻す事ができる上に、復活させた人物の魔法を奪う事もできます。

まさに、チート級の能力です。

 

能力③ タイムズ「コールド」

3つ目はタイムズの中の「コールド」です。

ウォールバーグとの戦闘で使用し、当たらずに避けられました。

なので詳しい能力の効果は不明ですが、タイムズという時間を操る能力や「コールド」という名前から、対象を止める魔法ではないかと予想しています。

 

能力④ タイムズ「リウォンド」

4つ目はタイムズの「リウォンド」です。

対象の時を奪う魔法なのか、喰らったウォールバーグの左の顔と左腕が老化していました。

余談ですが「rewind」という単語は「巻き戻す」という意味であり、その過去形が「rewoundリウォンド」です。

ただ、巻き戻すということは「若返らせる」という意味にも取れるので、反対に老化させる能力は謎に満ちています。

 

能力⑤ タイムズ「アンムーブ」

5つ目はタイムズ「アンムーブ」です。

相手の時を止め、自分自身だけは時を進める」という魔法です。

なので相手は動けないままですが、自分だけは自由に行動できます。

相手の魔法が使用されるタイミングで使用すれば、いくら強大な魔法であっても被弾することはありません。

 

能力⑥ 時計の針を放出して串刺しにする技

6つ目は「時計の針を飛ばす技」です。(魔法名なし)

イノセント・ゼロの魔法の中でもこの技だけは時を止めたりするものではなく、直接的な攻撃魔法です。

時計の針を飛ばして相手を貫くという物理系の攻撃であり、かなり扱いやすい魔法となっています。

今のところ唯一の物理攻撃魔法ということで、意外と多用している節があります。

 

能力⑦ 時の神クロノスを召喚する「サモンズ」

7つ目は、「サモンズ」です。

イノセント・ゼロのサモンズは、時の神クロノスを呼び出すための魔法です

杖の先端を時計に変化させ、神が持つ能力を得ることができます。

 

能力⑧ 巨大モンスターを召喚する

 

8つ目は「巨大モンスターを召喚する魔法」です。(魔法名なし)

イノセント・ゼロは、撤退すると共に巨大なモンスターを呼び出し、人々を襲わせようとしていました。

このモンスターたちは決して雑魚ではなく、魔法使いでいうところの「二本線」に相当するほどの実力を持っています。

 

ただ、これはイノセント・ゼロが召喚こそするものの、操作は配下の者が行なっています。

複数のモンスター同士で集まり、1つの強力なモンスターに融合することも可能です。

 

能力⑨ アダム・ジョブズから奪った「闇魔法」

9つ目は「闇魔法」です。

こちらは、師匠であるアダム・ジョブズから奪った魔法でもあります。

禁忌魔法で肉体を蘇らせたアダムから奪い、自分のものにしました。

弟子として、越えてはいけない一線を越えたという悪役らしいエピソードです。

 

能力⑩ ウォールバーグから奪った「空間魔法」

10つ目は「空間魔法」です。

空間魔法と言えば、ウォールバーグの固有魔法でしたよね?

そうです、なんとイノセント・ゼロはウォールバーグから奪った空間魔法も会得しているのです。

1対1の戦いにおいてウォールバーグを圧倒し奪いますが、強力な魔法なので体に負担がかかるというデメリットもあります。

 

能力⑪ スペーズ「バウト」

11つ目は、スペーズ「バウト」です。

こちらの「スペーズ」というのもウォールバーグの固有魔法であり、周囲の空間を削ることができるという技となっています。

威力は、ウォールバーグが使用するオリジナルよりも強いです。

 

強さ① ウォールバーグと同等もしくはそれ以上

 

ここまで、イノセント・ゼロの能力について見てきました。

ここでは、このイノセント・ゼロの「強さ」も見ていきましょう↓↓

 

強さとしては、ウォールバーグと同じくらいかそれ以上の強さがあります。

個人的には、イノセント・ゼロの方が強いと感じています。

アダムの弟子の時代からお互いに拮抗した実力を持っていて、イノセント・ゼロもウォールバーグの強さに関しては評価していました。

しかし、考え方の相違があって彼の事を見下します。

 

強さ② 時間魔法・禁忌魔法・他人の魔法が使用可能

上記でも解説した通り、イノセント・ゼロは他者の魔法をも使用することができます。

さらに、自身の固有魔法「時間魔法」や、禁止されている「禁忌魔法」。

そして、禁忌魔法や奪った闇魔法や空間魔法を手に入れています。

 

元々、時間魔法だけでもチート級に強いイノセント・ゼロですが、ここに禁忌魔法やアダムの闇魔法

ウォールバーグが持っていた「空間魔法」も会得しました。

まさに、別次元と言える強さを手に入れたと言っても過言じゃないでしょう。

 

強さ③ 間違いなく作中最強キャラ

上記の実力もあって、イノセント・ゼロは「作中最強キャラ」で間違いありません。

神覚者たちがイノセント・ゼロの5人の息子に苦戦している事を踏まえると、実力はそれ以上の力を秘めているということです。

ウォールバーグも破ったこともあり、間違いなく最強キャラです。

倒せるとすれば、やはり主人公・マッシュしかいないでしょう。

 

【MASHLE】お父様の正体や強さまとめ

 

まとめ

イノセントゼロの正体や目的

  • 正体① アダム・ジョブズの一番弟子
  • 正体② マッシュの本当の父親
  • 目的① マッシュを手に入れること
  • 目的② 不老不死を持つ心臓の錬成 (造体禁忌魔法)

 

能力や強さについて

  • 能力① 時間を操る固有魔法「タイムズ」
  • 能力② タイムズ「リビングデッド」
  • 能力③ タイムズ「コールド」
  • 能力④ タイムズ「リウォンド」
  • 能力⑤ タイムズ「アンムーブ」
  • 能力⑥ 時計の針を放出して串刺しにする技
  • 能力⑦ 時の神クロノスを召喚する「サモンズ」
  • 能力⑧ 巨大モンスターを召喚する
  • 能力⑨ アダム・ジョブズから奪った「闇魔法」
  • 能力⑩ ウォールバーグから奪った「空間魔法」
  • 能力⑪ スペーズ「バウト」
  • 強さ① ウォールバーグと同等もしくはそれ以上
  • 強さ② 時間魔法・禁忌魔法・他人の魔法が使用可能
  • 強さ③ 間違いなく作中最強キャラ

 

以上、イノセント・ゼロの正体や目的、さらに能力や強さについてでした!

正直、途方もない強さと言えます。

こんなキャラ、誰が勝てるのか不思議です。

神覚者たちが敗北した時には、読んでいる私たちですら絶望しましたよね。。

 

ですが、ウォールバーグはまだ死んでいませんし、こちらにはマッシュがいます!

これからの展開にも期待をしながら、マッシュの活躍を見ていきましょう^ ^

 

 

お得にマッシュルを読むなら

Amebaマンガ

 

大手の電子書籍サービスなので安心

\100冊すべてが40%オフ

今すぐクーポンを利用する

※登録は無料です