当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しており、リンク先には広告が含まれることがあります。

正反対な君と僕/平の過去は?悲惨でかわいそうな恋愛を解説

公開日: 2024年5月14日 | 最終更新日: 2024年5月14日

 

平は「正反対な君と僕」に登場する、主人公たちの友達の1人です。

未だに下の名前は判明していません。

見た目は高身長でかっこいい髪型、顔立ちも悪くなくパッと見陽キャのように見えます。

 

ですが、実際はとても後ろ向きな性格で自分に自信がありません。

元々の性格もありますが、ネガティブに拍車がかかっているのには理由があるのです。

そんな彼には、とても苦い過去がありました。

一体、平にはどんな過去があって、今の考え方になったのでしょうか?

以下、解説&考察していきます↓↓

この記事を見て分かること
  • 平の過去について
  • 平の恋愛観について

 

 

 

 

平の過去は?

 

平は高校2年生で、主人公の鈴木みゆと谷悠介のクラスメイトです。

友達のみゆを経由して、悠介とも仲良くなっていきました。

彼はとても発言が卑屈で、ツッコミ気質なところがあります。

そんな性格の理由は、これまでの日々に要因があるのです。

平の過去に何があったのか、考察していきます。

 

当時の彼女に一回目のデートで振られた

平は中学での出来事や性格上の問題で、なかなか自信が持てません。

それは1人の女子に意識され始めているのに、全く気付かないレベル。

地元から解放されてはしゃぎすぎそうになっても、ふと自分を客観的に見てしまい、リミッターを掛けてしまうのです。

それによって平は全力で楽しむことが出来ません

 

特に同じ中学だった東がそばにいると、当時の劣等感を思い出してモヤモヤしがちです。

高1の時に仲良くなった女子と出掛けたことがあります。

いわゆるデートですね。

 

しかしデート中に普段自分が行かないお店に入り、素が出てしまって一緒にいた女子から「なんか思ってた性格と違うわ」と言われてしまいました。

平は高校デビューで、見た目をがらりと変えたことで、女子から声を掛けられる機会が増えていました。

ですが性格はそのままなので、見た目と性格のギャップに女子も驚いたのかもしれません。

それ以降舞い上がった自分を思い出しては、周りに笑われるのを恐れるようになったのです。

それが平が自分に自信を持てない理由の一つです。

 

 

中学で迫害を受けた

平は中学時代、おとなしい感じの雰囲気でクラスのカーストの底辺に位置する存在でした。

そして底辺にいたことで、色々と陰口や迫害などを受けていたのです。

高校では奮起してかっこよくなるために髪型や髪色を変えたり、ダイエットにも成功しました。

そのおかげで高校で女子に声を掛けられるようになりました。

 

それでも性格の関係があり、なかなか前向きな考え方が出来ません

主人公たちと一緒に近くのボウリング場に行った際、中学の同級生が数人同じ空間にいたのに気づきます。

それを見て平は過去を思い出してしまって、グルグルと考え込んでしまう。

 

ですが、その様子を見ていた東に気にしなくていいと助言をもらい、何とかボウリングを楽しむことが出来たのです。

平は過去のトラウマなどもあり、どうしても周りの目を気にしてしまいます。

中学時代の迫害や、周りからの何気ない言葉が原因です。

 

平は普段あまり声を出して笑いませんが、これにも理由があります。

彼は笑い方が独特なのです。

子供のころにその独特な笑い方に対して「笑いからキショ…」や「友達来てるからその笑い方やめて」など、クラスメイトや家族に心無い言葉を掛けられたからでした。

平は中学時代での嫌な思い出と、周りの心無い言葉に今も傷ついているのです。

 

性格がネガティブで陰口を言われた

元々平はとてもネガティブで、正直「陰キャ」と言われるような性格をしています。

詳しくは以下のようになります↓↓

  • 卑屈
  • 悲観主義
  • 疑り深い

 

しかし、他人の痛みを想像できる優しさや感情の言語能力が高い人間関係の問題点をすぐに指摘できるなど、とても周りを見て気配りができるいい子なのです。

ほかにも痛みを受けても相手を恨みません。

とても度量も広いのです。

主人公をはじめ、自由奔放なキャラが多く、平はツッコミに回ることが多いです。

周りの様子をよく見ていて、言葉にして出すことは少ないですが、頭の中ではグルグルと色んな可能性を考えています。

 

主人公の一人である谷が相談した時も「お前疑われてるんだよ」といった発言をしています。

人にもよりますが大体相談を受けたときは、慰めるような言葉を返すものです。

不安になるような発言をしているあたり、考えがネガティブなことが分かります。

彼は自分がネガティブだからこそ、周りの様子にはとても聡いですが、自信が無いので自分のことにはとても疎いです。

高校で主人公たちと友達になるまでは、周りからひそひそと陰口や悪口のようなことを言われているので、とても警戒心が強くなりました。

 

 

ずっと変わりたいと願ってきた

平も自分を変えたいと感じています。

谷に対して恋愛について参考にしたいと言っており、質問しているので彼女が欲しいと感じているようです。

本人もネガティブな性格があまり好きではなく、変わりたいと思っています。

友達の谷や山田との会話で二人に対して「あいつら普通に「いいやつ」だもんだ」と思っているので、自分のマイナスな性格を理解しています

 

そんな自分が好きじゃないからこそ、素直に自分を表に出せる鈴木や山田に友達として惹かれているのかもしれません。

グルグル悩んでいた際、鈴木に平と居たほうが楽しいと言われ、少しだけ救われたような気持ちになっていました。

 

クラスメイトの東には救われている

クラスメイトの東は同じ中学の同級生です。

平はそんな東に異性として意識され始めているのに、自分は鈍いのと自信の無さでその思いに気づいていません。

東は男性との関係がよくなく、付き合ってもすぐに別れてを繰り返していました。

ボウリングの帰り、同じ駅なので電車が来るまで、東と平は少し会話をしていました。

その日同じボウリング場にいた地元の同級生たちは、当時東が一緒に行動していたグループだったのです。

 

しかしグループ内で交際相手が変わったりしているのを聞いた平は、彼らに対して幻滅していました。

東も男子からアプローチされたこともあり、色々複雑な関係になっていたそう。

事情を聴いた平は「人のことナメすぎだろ、雑に扱われてんだから怒れよ…!」と反論したのです。

その言葉は東の中にあったモヤモヤを少し解決させました

 

その後も同じ中学だったこともあり、他の友達以上にお互い素の状態でやり取りが出来るまでに。

お互いに他の友達よりも気楽に居られる関係だと言えます。

進級前に二人でファミレスに入り、楽しい時間を過ごしたことで、東は平に対して友達以上の感情を抱き始めています

ただ、余裕がない平はそんな東の思いには未だに気づいていないのです。

 

 

70%OFFで正反対な君と僕を読む方法

 

 

ここで少しだけ、正反対な君と僕を安くお得に読む方法をご紹介します。

数多くある電子書籍サービスの中から、どこよりも安く安心して利用できるサービス「ebookjapan」をピックアップしてみました↓↓

サービス名1冊あたり
(定価)
お得度
ebook
japan
204円
(679円)

70%オフ(6回)

最大3,000円引き

※1冊あたりの最安値です(定価は679円)

 

他のサービスの中でも1番おすすめなのが「ebookjapan」です。

いきなりもらえる70%OFFクーポンを使用することで、正反対な君と僕が1冊あたり204円で読めます。

しかも、これが6枚ももらえるため業界最安値なのは間違いないでしょう!

 

 

\ 結論、ebookjapanがおすすめ/

60秒で無料登録

今すぐ70%OFFクーポンをもらう

※6回まで利用可能 (最大3,000円引き)

※入会費・月額利用料はかかりません

 

 

【正反対な君と僕】平の過去についてまとめ

 

まとめ
  • 性格と見た目のギャップで振られてしまった
  • 中学までにクラスで陰口などを言われた
  • 過去の出来事の性格でネガティブに
  • 自分も今の自分を好きになれていない
  • 同級の東には救われている

 

以上、正反対な君と僕の平の過去についての考察でした。

多感な年頃に言われた周りからの何気ない言葉は、時に自分の考え方をゆがめてしまうこともあります。

今の彼は鈴木をはじめとした友達との関わりで、少しずつ変わりつつあります。

平がいつか自分を好きになれるときが来るといいですね。

 

★ピックアップ

その他の正反対な君と僕の記事もすごく読まれています