当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しており、リンク先には広告が含まれることがあります。

2.5次元の誘惑はつまらない?気持ち悪いと言われる理由についても

公開日: 2024年6月8日 | 最終更新日: 2024年6月9日

 

 アニメ化が決まり今話題となっている、2.5次元の誘惑。

可愛らしい絵柄と意外と熱血で熱い内容もあるこの作品ですが、一部の読者からマイナスな感想を受けているのです。

主に「つまらない」「気持ち悪い」と言われているのです。

この作品のどういった部分がそういう印象を与えるのでしょうか。

2.5次元の誘惑がなぜつまらないと言われる理由について考えていきます。

この記事を見て分かること
  • この作品がつまらない理由について
  • この作品が気持ち悪い理由について

 

 

 

2.5次元の誘惑はつまらない?

 

アニメ化も決定し、今話題となっている作品です。

絵柄も可愛らしく、作画やストーリーも丁寧で綺麗なのでクオリティはとても高いと言えます。

 

しかし、読者の中には「つまらない」という声も出ているようです。

2.5次元の誘惑がつまらないと言われるのはどうしてでしょうか。

ここからはつまらないという声と、その理由について考えていきます。

 

「つまらない」という読者の口コミ

 

  • 序盤はいやらしいだけでつまらない
  • 王道すぎで響かない
  • 抽象的な問答が多い

 

2.5次元の誘惑がつまらないと感じている声でした。

主にいやらしさが勝っていたり、内容や言葉運びが王道すぎるという声が多いようです。

ジャンプ作品なので、いやらしさよりも自分の信念に向かって頑張る少年少女の心の機微がメインの物語です。

 

ですが、悪く言えば王道すぎて他の作品で見たことがあるような展開とも言えてしまいます。

ほかにも心の変化を見ていく作品のため、どうしても抽象的な部分が出てしまいます。

同じジャンプ作品のようにアクションが強いものではないので、アクションものを求める読者はつまらないと感じてしまうのです。

 

 

理由① 王道すぎて物足りない

シチュエーションは王道でも構いませんが、セリフまで王道で展開が分かりやすすぎるのです。

キャラクターのセリフや考え方も、いかにもという感じで響きにくいのです。

作画はとても丁寧で細かいですが、どうしても他の作品に比べて影が薄くなってしまいます。

展開は女性不信になった男主人公が、一人の女子生徒に出会うことから始まります

その女子生徒は主人公と同じ作品をこよなく愛していました。

 

さらにその女子生徒は二次元の女キャラが着る、過激な衣装に惹かれていたのです。

そこで一番好きなキャラへの愛情表現としてコスプレを選びました。

その後彼女を通して女性に対する考えを少しずつ変えていく物語です。

この作品のテーマは「オタク」「コスプレ」「恋愛」「青春」

 

これを組み合わせた物語で、正直少年誌や青年誌で良く描かれるテーマになります。

そこにスパイスとしていやらしさを入れているのです。

彼らの感情の機微を上手く描いているものの、正直似たような展開は他の作品でもよく見かけます。

展開が予想できてしまうのが、読者がつまらないと感じてしまう要因でしょう。

 

理由② 絵柄で敬遠される

この作品は恋愛ゲームなどで見かける絵柄をしています。

絵柄が結構読者の好みが別れやすいものです。

作画はとても丁寧で綺麗なため、作画を重視する人には好まれるでしょう。

 

しかし、テーマの関係もあり結構過激な表現も出てきます

そのため人によっては敬遠してしまうでしょう。

読者の中にも絵柄が苦手になってしまったという声もあります。

絵柄がいかにもラブコメのような雰囲気を出しているので、ハーレムものだと思われがちです。

 

内容はジャンプ作品らしく、青春や情熱などの熱い展開も多々あるのですが、絵柄で損をしている可能性も否めません。

漫画はどうしてもタイトルと表紙などの絵柄で読者は判断します。

どんなに内容がよくても、少しでも違和感を感じてしまったら離れてしまうものです。

露出や過激なシーンも多く出てくるのも、人を選ぶ要因の一つでしょう。

 

 

気持ち悪い理由はコスプレや肌面積

 

読者には2.5次元の誘惑が「気持ち悪い」と感じる人も居るようです。

テーマは「コスプレ」と「青春&恋愛」で、ヒロインたちは主人公の奥村を巡って静かにバトルが繰り広げられています。

そんな作品の内容が、気持ち悪いという声も出ているのです。

特にテーマの一つであるコスプレに対して、違和感を感じている読者もいます。

なぜ、そこまで気持ち悪いと思われているのか見ていきましょう↓↓

 

 

コスプレイヤーを美化しすぎ

コスプレ文化の汚い側面や負のイメージを漂白して、美化しすぎているという声が出ています。

確かにこの作品は、コスプレという行為を美化しすぎているように感じられます。

2.5次元の誘惑に登場するコスプレをするキャラは、全員顔がいいです。

それはまるで綺麗な顔立ちでないと、コスプレは似合わないと言われているような感覚になります。

登場キャラは顔はもちろん、スタイルもよくて全員がモデル体型です。

 

他にも、コスプレに対する思いも美化しているように感じます。

リリサは純粋にリリエルを愛しているからはじめています。

美花莉は奥村に振り向いてほしいという考えと、モデルとしていることから。

乃愛は無口なクールビューティーな美少女で、変身願望からです。

アリアは生き別れた父に見つけてもらうため。

コスプレに対する思いもとても綺麗なのです。

 

ですが、純粋すぎる思いも読者は違和感を感じてしまうものです。

 

露出が激しい

この作品はテーマの関係もあって露出が激しいのです。

年齢制限があるくらいなので、なかなかに露出が激しいシーンが多くあります。

パンチラはもちろん、女の子の肌が目立つ衣装なども多数登場します。

 

そういった過激なシーンは、人によっては嫌悪感を抱くでしょう。

ジャンププラスでは対策のために、過激なコマには修正が入りました。

修正されていても隠しきれないいやらしさもあります。

 

単行本では修正されている部分がなくなり、隠された部分も確認できます。

もちろんこれがこの作品のスパイスなので、完全に隠すのは難しいでしょう。

人によってはこのいやらしさが苦手な人もいるので、その思いを表現するために「気持ち悪い」という言葉が出る可能性があります。

 

【にごりり】つまらない&気持ち悪い理由の考察まとめ

 

まとめ
  • 物語が王道すぎて物足りない
  • 絵柄で好みが分かれる
  • コスプレイヤーを美化しすぎている
  • 露出が激しく、人によっては敬遠する

 

以上、2.5次元の誘惑がつまらないと言われる理由についての考察でした。

今年放送が決まったこの作品ですが、過激なシーンや表現があります。

全ての人にそういった部分も含めて、楽しんでほしいと感じるのは難しいでしょう。

 

ですがしっかり内容を見てみると、青春物らしく感動や心に響くシーンも多く見られます。

女の子たちもかわいらしく、見ていて癒される場面も沢山出てきます。

もし表紙のみで距離を置いているようなら、一度読んでみるのがおすすめです。

 

★ピックアップ

その他のにごりりの記事もすごく読まれています