スローループの聖地や舞台一覧をまとめ!横須賀の場所などを解説

スローループ」は、まんがタイムきららフォワードで連載中の「釣り」をテーマにしたアウトドアコミックです!

スローループに限らず、多くのマンガ・アニメ作品は、風景や建物などに実在のものを採用していることがあります。

作品の舞台が実在の場所をベースとしている場合、その場所は「聖地」と呼ばれます!

熱心なファンの中には、作品の舞台となった場所を訪れる「聖地巡礼」をする人も少なくありません!

 

そして、スローループも例に漏れず、「聖地」が存在しました!

今回は、スローループの「聖地」について、登場する話数と併せてご紹介します!

 

この記事を見て分かること
  • スローループの「聖地
  • それぞれの「モデルとなっている場所
  • 「聖地」となっている場所の初登場話

 

※ネタバレが含まれますのでご注意ください!

 

 

 

スローループの聖地や舞台一覧をまとめ!

 

スローループの聖地は、「神奈川県横須賀市周辺」です!

 

三浦半島の先端に位置し、周りを東京湾と相模湾に囲まれています。

釣り」をテーマにした作品で、港で海釣りをする描写などもあることから、海沿いの街が舞台ということはすぐ想像できます。

作中には横須賀市周辺の実在の施設がいくつも取り入れられていました。

このため、比較的早い段階で聖地が特定されていたようです。

 

すでにファンによる聖地巡礼レポートも散見され、人気作品であることがわかりますね!

以下、主なスポットと初登場話数、エピソードについてご紹介します!

 

観音崎海水浴場の堤防(初登場2話)

ひよりが新しい家族との生活に気まずさを感じ、思わず逃げ出してやってきた場所です。

 

観音崎海水浴場三浦半島の先端に位置しています。

京急本線・浦賀駅からはバスも出ており、アクセスも比較的良好です。

また、海岸線のすぐ近くを県道209号線が通り、車から見える景色も大変良い場所です。

小春がひよりのあとを走って追いかけ、二人で自宅に戻る際徒歩で移動している描写があります。

このことから、2人の自宅は観音崎海水浴場から徒歩圏内だと想像できます!

 

登場人物の生活圏を想像しながら聖地巡礼するのも面白いですよね!

 

横須賀市立横須賀総合高等学校(初登場3話)

ひより・小春・恋たちが通っている高校のモデルとされています。

 

3話1ページ目に登場する校舎のイラストは横須賀総合高校のそれに極めて近い形をしています。

作中では高校について何か特徴だった描写はなく、どこにでもあるような普通の高校として描かれています。

 

しかし、モデルとされる横須賀総合高校は商業高校・工業高校を含む3校を併合して作られました。

このため、幅広い専門分野を学ぶことができたり、2学期制・単位制を採用していたりと、かなり特徴的な高校といえます。

 

ちなみに制服について、ひよりたちはネクタイ、ブレザーを着用しています。

これも横須賀総合高校の制服と同じで、モデルになっているといえます。

 

 

観音埼灯台(初登場3話)

ひよりが子供の頃、父親によく連れて行ってもらっていた場所です。

 

観音埼灯台は日本最古の洋式灯台で、現役の灯台として現在も東京湾の海上交通の安全を守っています。

作中、ひよりと小春がこの灯台の内部を登る描写があります。

観音埼灯台も有料(300円)で内部の見学ができるとのこと。

東京湾を行き交う船や、天気の良い日には房総半島を望むこともできるそうです!

 

聖地巡礼を行う際にはぜひとも立ち寄りたい場所ですね!

 

ハーミット(初登場3話)

恋の父が経営する釣具屋「Permit(パーミット)」のモデルとなったお店「ハーミット」です!

 

店の前の風景がよく再現されています。

このお店は場所が変わり、東京都心・JR水道橋駅近くに位置しています。

 

ちなみに「スローループ」が連載されている「まんがタイムきららフォワード」を出版している芳文社がすぐ近くにあります。

これは想像になりますが、作者のうちのまいこ先生が釣具店のモデル探しをしていた頃。

担当編集との打ち合わせで出入りしていた芳文社の近くにたまたま見つけたこのお店を採用したのではないでしょうか?

 

つり幸(初登場10話)

つり幸」は、一花・二葉の家が経営する釣り船屋「つり福」のモデルとなったお店です。

 

神奈川県川崎市の港湾地区に位置し、周辺は工業地帯となっています。

一方、船釣りの拠点ともいえ、ここから東京湾や相模湾での釣りに出ることができます。

横須賀から打って変わり、福元家の拠点は川崎です!

 

ひよりたちが「つり福」と横須賀の自宅とを移動する際、母や恋の父が運転する車で移動する描写があります。

ある程度距離があり、釣り道具を積んで移動する点からも、両者の位置関係に違和感はありません。

 

一方、横須賀と川崎はおよそ50km離れています。

12話で二葉が1人でひよりたちを訪ねている描写がありますが、小学生が移動する距離にしては遠い気もします。

もちろん、現実の位置関係がすべてそのまま反映されるわけではありません。

逆に、実は二葉がこの距離を移動できるほどアクティブな女の子なのかもしれません!

実際に川崎〜横須賀を電車・バスで移動し、二葉の気持ちに思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

 

ベリーパーク in FISH ON! 王禅寺(初登場4話)

第4話に登場した管釣り(管理釣り場)です。

 

小春にとって初めての管釣りとなります!

モデルとなった「ベリーパーク in FISH ON! 王禅寺」は川崎市麻生区にあります。

内陸のほうにあり、周囲には住宅街が広がっています。釣り=海、池、川、というイメージを持っていると思います。

立地だけ見れば「こんなところで釣り?」と思うかもしれません。

 

しかし、都心から遠くなく、すぐ近くまで路線バスも乗り入れています。

聖地巡礼はもちろん、釣りを楽しむにもアクセス良好なスポットと言えそうです。

 

それにしても、横須賀からはそれなりに距離があるこの場所を知っているとは、恋父やひよりの釣りに対する情熱も垣間見えるような気がします。

 

観音崎小突堤(初登場=7話)

観音崎小突堤」は、堤ひよりと小春が喧嘩(?)した場所です。

 

ひより・小春の家から近いのか頻繁に登場し、3話で2人が観音崎灯台に向かう途中にもここを通っています。

また、ひよりにとって最もなじみ深いスポットの1つですね。

父が病に倒れた後、ここで1人物思いにふける描写が印象的ですよね(4話の回想)。

 

横須賀中央駅東口(初登場=8話)

8話で恋が海外出張帰りの母と久しぶりの再会を果たした場所です。

 

横須賀中央駅は横須賀市の中心駅で、駅前は大規模商業施設が多数あり、大きく賑わっています。

飲食店も多く、恋たちが家族水入らずの時間を過ごすにはうってつけのスポットです!

 

8話の中盤、ひより・小春が恋と鉢合わせになるシーンがあります。

ひよりたちは学校帰りに寄り道でもしていたのでしょうか?

 

横須賀海軍カレー本舗(初登場=9話)

釣りに必要なお小遣いを稼ぐため、ひよりと小春が働き始めたバイト先「レストラン本舗」のモデルとなったお店です。

 

横須賀海軍カレー本舗」は横須賀中央駅前に位置しており、1階がお土産物屋、2階がレストランとなっています。

横須賀といえば海軍カレー、といえるほどなじみ深い料理で、作中でも店を訪れた一花が「半熟卵の焼きカレー」を注文しています。

ちなみに同行していた恋もカレー料理を注文していました。

 

BASE CAMP「A-suke」(初登場=18話)

楓の祖父が経営し、楓もバータイムを任されているカフェ&バー「BASE FIELD」のモデルとなったお店です。

 

BASE CAMP」もまた芳文社のある水道橋駅の近くにあり、「BASE FIELD」と同様カフェ&バーのスタイルです。

※8/22まではランチ営業のみとのことです。

 

驚くべきことに、オーナーの「A-suke」さんは、スローループの作者・うちのまいこ先生のご友人とのこと!

BASE CAMPのブログでスローループが紹介されていたりもしていました。

さらに、A-sukeさんのYouTubeチャンネルでうちのまいこ先生をゲストに迎えての対談が行われたりと、交流は深いようです。

 

聖地巡礼目的での訪問大歓迎とのことで、上記の聖地を回った帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

【スローループ】聖地や登場場所まとめ

 

まとめ
  • ひよりが新しい家族との生活に気まずさを感じ、思わず逃げ出してやってきた「観音崎海水浴場の堤防(初登場2話)」
  • ひより・小春・恋たちが通っている高校のモデル「横須賀市立横須賀総合高等学校(初登場3話)」
  • ひよりが子供の頃、(実の)父親によく連れて行ってもらっていた「観音埼灯台(初登場3話)」
  • 恋の父が経営する釣具屋「Permit(パーミット)」のモデルとなった「ハーミット(初登場=3話)」
  • 一花・二葉の家が経営する釣り船屋「つり福」のモデルとなった「つり幸(初登場=10話)」
  • 小春にとって初めての管釣りの場所「ベリーパーク in FISH ON! 王禅寺(初登場=4話)」
  • ひよりと小春が喧嘩(?)した場所「観音崎小突堤(初登場=7話)」
  • 恋が海外出張帰りの母と久しぶりの再会を果たした場所「横須賀中央駅東口(初登場=8話)」
  • ひよりと小春のバイト先「レストラン本舗」のモデルとなった「横須賀海軍カレー本舗(初登場=9話)」
  • 楓の祖父が経営し、楓もバータイムを任されているカフェ&バー「BASE FIELD」のモデルとなった「BASE CAMP

 

スローループの聖地は、東京都心からも電車でアクセスしやすい場所にあります。

今回紹介したスポットについては電車+徒歩で「巡礼」しやすいのではないでしょうか?

 

アニメ放送開始前に聖地巡礼をして予習するもよし。

アニメ放送後に聖地巡礼をして登場人物の気分に浸るもよし。

ぜひ、スローループの舞台を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

※聖地巡礼は近隣住民・店舗等関係各所のご理解・ご協力があって成り立つものです。

必ず自治体・施設等のルール・マナーを守り、節度ある行動をお願いします!

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言・蔓延防止等重点措置が発令されている場合があります。

自治体の要請・指示に従い、聖地巡礼を行う際は基本的な感染症対策を忘れずに行いましょう。

 

Google Earthなどを活用した「イマジネーションの聖地巡礼」で作品を応援するのも良いのではないでしょうか?

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!