映画ここさけのラストが納得いかないのはなぜ?田崎の告白の理由やその後を考察

この記事を読むのに必要な時間は“約 5 分”です。

 

映画「心が叫びたがってるんだ。」は、“甘酸っぱい青春のストーリー”です!

視聴者はこの後、「誰が誰とうまくいくのか?」

などラストへ向けて予想します。

しかし、予想した内容とラストがマッチせず“納得いかない”方も多いそうです!

 

今回は、映画「心が叫びたがってるんだ。」“ラストが納得いかないのはなぜか?”

“田崎の告白の理由”“その後”についても考察していきます!

 

映画ここさけのラストが納得いかないのはなぜ?

 

映画「心が叫びたがってるんだ。」のラストシーンは、「地域ふれあい交流会」というイベントで“クラスの仲間たちと協力”して“ミュージカル”を成功させた後、主人公の“成瀬順”が男友達である田崎大樹”“告白される”シーンです!

 

成瀬順は“頬を赤く染め”、返答する描写こそありませんでしたが、その瞬間これまでの“喋れない”“喋ると腹痛が起きる”といった“呪縛が解けた”ような終わり方でした!

 

成瀬順の呪いに関する記事はこちらをどうぞ>>>>>

映画ここさけで順に喋れない呪いをかけた玉子の妖精とは?その正体や意味についても

 

一見これを見ると、“ハッピーエンド”のようなイメージですよね?

実は、視聴者が“納得いかない”のはこのラストシーンではなく“その直前の出来事”でした!

 

「お姫様」成瀬順と「王子様」坂上

主人公の成瀬は、“過去のトラウマ”から喋ることができずにいました。

仮に、喋ったとしても“腹痛が起きる”という副作用が働く“特異体質”でした。

成瀬は、ストーリーが進むとそれら悩みを“打ち明けることができる仲間”に出会います。

それが、前述した“田崎”や優しいイケメンの“坂上”でした!

 

成瀬は、坂上に対してまるで“王子様”のような印象で“ベタ惚れ”でした!

しかし、坂上には“仁藤”という元カノがいて、仁藤も成瀬たちと同じ“仲間グループ”でした。

“純粋”な成瀬はそれを知ってしまうと、耐えきれなくなって逃げ出してしまいます。

坂上は、成瀬を“必死に追いかけ”見つけ出してくれます!

 

まるで“王子様”ですよね!

成瀬からすれば、期待を裏切られ“意気消沈”の自分の前に“坂上は突然現れた”ので“お姫様のように扱われている”印象を受けたことでしょう!

 

予想外のラストシーン

しかし、そこでは恋愛に関する話は特になく、最終的に“成瀬は坂上に告白”する流れになりましたが、坂上は「他に好きな相手がいるから無理、ごめん」というスタンスでその“告白を即断りました”

 

これこそが、視聴者が「え!?」と驚くびっくりシーンです!

これまで、気持ちを打ち明け、理解し合い、“良い関係性”となっていた成瀬と坂上。

最後には、寂しさのあまり“逃げ出したお姫様”“必死に探し出してくれた王子様”

 

坂上の過去の恋愛を知り、傷ついた成瀬に「昔はそんなことがあったけど、今はお前が好きなんだ」という流れを誰もが予想したのではないでしょうか?

視聴者がラストシーンに“納得いかない理由”は、主人公の“淡い恋心をあっさり断る坂上”と、“何事もなかったかのように進むストーリー”「予想が裏切られたから」ではないかと思います!

 

映画ここさけで田崎の告白の理由は?

 

映画「心が叫びたがってるんだ。」で最後のシーンで田崎は“成瀬に告白”をしました。

これには、物語の登場人物たちも、私たち視聴者も非常に驚きました!

なぜなら、田崎と成瀬は“恋愛をするような描写がなかった”からです!

では、なぜ田崎は成瀬に告白したのでしょうか?

 

理由① 遊び心

田崎は物語の中で、“仁藤”という同じ実行委員の女子に「ホテルに行かないか?」「付き合わないか?」という内容の言葉をかけています。

本気であってもいきなりホテル云々はおかしいですが、“付き合う気もさらさらなかった”と思います。

おそらく、田崎はこういうキャラだったのでしょう。

それを言うことで、“スキンシップ”を取ることができる“数少ない男子の1人”です。

普段大人しい男子がこれを言ったら通報レベルですが、田崎は“冗談で許される”タイプです!

 

なので、成瀬に対してもこのような遊び心で言ったのではないでしょうか?

理由② 本気で惚れていた

田崎は一見“軟派”な性格に見えますが、野球に対する姿勢や普段から“硬派”な一面も見受けられます。

そんな、硬派な人間が“自分の本気で好きな相手を周囲に公言”するでしょうか?

私はしないと思います!

 

なので、周囲はいきなりのことに驚きましたが“実はずっと成瀬のことが好き”“告白を決意していた”のではないでしょうか。

田崎は、成瀬に“自分の世界観を広げてもらった恩人”のような印象を持っていたのだと考えています!

野球がうまくいかず後輩にも舐められ日々イライラしていたこと、ミュージカルができないと考えていたことなど、全て“成瀬が解決”してくれました。

田崎は、過去につらいトラウマを持つそんな成瀬だからこそ、その“人間性”“行動力”に惹かれたのではないでしょうか?

 

初めは見ていて「応援してやろう!」という気持ちでしたが、応援するために成瀬のことを見る回数も増えていき“恋心”へと変化したのです!

これこそが、田崎が“成瀬に告白した本当の理由”だと考えています!

 

 

映画ここさけのその後を考察

 

前述しましたが、田崎の告白に“成瀬は返答をしていません”

ただ少し照れて”頬が赤くなり”、“過去の呪縛から解き放たれた”描写があっただけです。

では、その後はどうなったのでしょうか?

以下、“その後のストーリー”について考察します!

 

成瀬はOKしたのか?

坂上の告白に対して照れていた成瀬ですが、その場ですぐに返事をするキャラではないなと思います。

ただ、これまでずっと悩んできた過去のトラウマを“告白という言葉の伝え方”で吹き飛ばしてくれた田崎には“魅力を感じていた”ことでしょう。

おそらく、それは坂上に対する“好きという気持ちの名残り”も一緒にどこかへ飛んで行ったはずです。

 

なので、「登下校を一緒に」など小さな目標からスタートするのではないでしょうか!

まずは、お互いをもっと知るために「友達から」といったところでしょう!

 

成瀬は田崎と付き合うのか?

友達として仲を深める度に、田崎から“毎度告白を受ける”成瀬。

全てうやむやにしてきましたが、自分も田崎に気があることを理解していた成瀬は、「次に告白されたらOKしよう」と考えていました。

その時は、すぐにやってきて「また今回もダメだろうな」と思っている田崎にOKの返事を出す成瀬。

田崎はガッツポーズをして大喜びします!

それを見た成瀬もまた同じように笑顔で応えます!

 

田崎と成瀬の2人は今後うまくいくのか?

田崎は普段軽い男ですが、“守るべきもの”ができれば話は別です!

これまでは、力強くトゲのある言い方でしたが“成瀬に対してだけは優しい口調”になります!

成瀬のいろんなことに気を使い、毎日楽しく過ごせるように“バカを演じたり”と工夫を凝らしていました!

そんな田崎に成瀬も「OKして良かったな」と心から思うようになります。

 

成瀬の“過去の家庭のこと”や、その影響で“トラウマがあったこと”など全て知る田崎はこれからも“自分が守っていく”という強い思いで日々を過ごすのでした。

 

気付けば、ぎくしゃくしていた“坂上・仁藤コンビ”も元のサヤに収まりいつものメンバーはきれいに“2組のカップル”ができていました!

4人は、ミュージカルの話になると“あの日が終わりであり、また始まりでもあった”ことを懐かしく話すのでした。

 

以上が、映画「ここさけ」のその後のストーリー考察でした!

最後に、「もし田崎と成瀬が付き合ったら?」ということが分かるおもしろい投稿を見つけましたのでご覧ください!

 

 

 

映画ここさけについてまとめ

以上、映画「心が叫びたがってるんだ。」“ラストが納得いかないこと”や、“田崎が成瀬に告白した理由”、そして“その後のストーリー”を考察してきました!

 

ラストが納得いかない原因として、“主人公の成瀬”“良い関係性だった坂上”が引っ付かなかったことが挙げられます!

田崎が成瀬に告白した理由は、“遊び心”もしくは“本気で惚れていた”という二択ですが、個人的には“後者”だと考えました!

最後に、“田崎と成瀬が心からお互いを認め、カップルとして仲を深めていく”とその後のストーリーとして考察しました!

 

映画「ここさけ」を見る時には、“このような視点で見て頂くとよりいっそう楽しめる”のではないかと思いますので、ぜひご覧ください!

 

あわせて読みたい>>>>>

映画【心が叫びたがってるんだ。】成瀬順の成長とタイトルの意味は?作品が伝えたいことについても

映画ここさけで順に喋れない呪いをかけた玉子の妖精とは?その正体や意味についても

映画ここさけの成瀬順は性格悪いしうざいとなぜ嫌われるのか?クズなエピソードについても

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

zunpapa

ずんぱぱです! 家族4人暮らしをしています。 子どもは女の子が2人です^^ 趣味に関することをブログにしていきます! よろしくお願いします!