当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しており、リンク先には広告が含まれることがあります。

トリリオンゲームの蛇島は裏切り者?ドラ娘の開発者を解説

公開日: 2024年5月20日 | 最終更新日: 2024年5月20日

 

原作稲垣理一郎さん、作画池上遼一さんにより2021年1月からビッグコミックスペリオール(小学館)で好評連載中の【トリリオンゲーム】

中学卒業間近に出会った世界一のワガママ・ハルと、気弱なガク

2人は大学卒業後、1兆円(トリリオン)稼ぐことを目標に起業。

その過程で、ソーシャルゲーム開発に乗り出しドラゴンバンクの人気ゲーム「ドラ娘」の真の開発者蛇島透へびじまとおるに出会います。

 

この蛇島、クセの強いクリエイターで初対面から読めないタイプ。

そんな蛇島、読者から「裏切り者では?」と囁かれています。

今回は、裏切り者説のあるドラ娘開発者の蛇島透について考察していきます。

この記事を見て分かること
  • トリリオンゲームの蛇島は裏切り者かについて
  • トリリオンゲームの蛇島はドラ娘の開発者

 

 

 

 

蛇島は裏切り者?

 

蛇島透は、元々ドラゴンバンクのクリエイターで、実は「ドラ娘」というゲームを大ヒットさせた張本人。

でもなぜかドラゴンバンク社長はじめ、会社に手柄は奪われ不遇な扱いをされていた蛇島。

蛇島は次第に意欲も薄れていきました。

そんな蛇島が裏切り者という説が出ています。

どういうことなのか見ていきましょう↓↓

 

蛇島はドラゴンバンクを裏切る

結論として、蛇島は古巣ドラゴンバンクを去り、ハルとガクの「株式会社トリリオンゲーム」の仲間になります

ドラゴンバンクで飼い殺し状態だったにもかかわらず、蛇島がドラ娘の開発者だと知られ引き抜かれたと知ったドラゴンバンク社長の黒龍。

ゴップロの株価を下げるという嫌がらせをしかけてきます。

蛇島は今まで不遇な扱いを受けながら移籍しなかったのは、「ドラゴンバンクが絶対に嫌がらせをしてくるはず」と思ってのことでした。

このままではトリリオンゲーム社が潰れてしまうと思った蛇島は、「みんなが助かる方法が1つだけある」と言います。

 

「おじちゃん(蛇島の1人称)1人を切ればいい。移籍先に嫌がらせが目的だからおじちゃんさえクビにしちゃえばみんなはセーフ!」

「そんなことするわけない、切らねぇよ。一緒に創っている仲間だかんな」と桜、ガク、凜々たち。

この場面はいつもふざけている蛇島の本音も見え、絆がうかがえた良いシーンでしたね!

 

 

裏切った理由① 長年の飼い殺し状態

長年の飼い殺し状態に耐えられなくなったからです

蛇島はドラゴンバンクを代表する大ヒットゲーム「ドラ娘」の開発者で、会社は莫大なお金を儲けたのに自分の年収は700万円と以前と代わり映えしませんでした。

クリエイターが優遇されず、会社が根こそぎ手柄を持っていってしまう現状を悔しがり、少しくらいなら使っても良いんじゃないかと横領。

ドラ娘にダークなイメージが付くのを嫌がり、会社は事件化しませんでした。

 

ただ、それ以降蛇島は自由に仕事をさせてもらえず

飼い殺し状態となりました。

そこへトリリオンゲーム社への移籍話が来ましたが、「月給1500万円で!」と非常識な額を提案、お金にとにかく固執した発言でのらりくらりとやり過ごそうとしました。

このときは、もうクリエイターとして生きる道はないと諦めていたのでしょう。

 

裏切った理由② 移籍話がキリカからだったから

移籍話は、社長令嬢のキリカから来た話だったからセーフだと思ったのです。

蛇島は、ドラゴンバンク社長の黒龍ではなく娘のキリカからの話だったので「もしかしたらセーフになったのかもしれない」と期待しました。

 

しかし引き抜き話が黒龍の耳に入ると、すかさず圧力をかけてきました。

相手の会社も蛇島も潰そうとしていることを目の当たりにし、やっぱり逆らうことはできないのか、と悔しさで涙が滲む蛇島。

束の間の夢として、「おじちゃんをクビにして!」と言いました。

 

 

裏切った理由③ 桜たちの熱い気持ちに感化

蛇島がドラゴンバンクを去ることを決めたのは、桜たちのゲーム開発への熱い気持ちに感化されたからです。

蛇島は、トリリオンゲーム社へ来てガクや桜と接するうちクリエイターとして生き生きとやっていた気持ちを思い出します。

桜たちのゲームの出来はとてもよく、「これは世に出さなければいけない!こんないいゲームを作る若者たちはお金をたくさんもらうべきだ!」と思うと同時にクリエイターは報われるわけないと意気消沈

 

ドラゴンバンクの圧力でゴップロの株が下がり、トリリオンゲーム社が潰れそうになり返り咲いた後。

「・・・売らないと。こんなの、おじちゃんが!!」と桜たちと開発したゲームを絶対に売ってやると目に生気が宿りました。

そこには、ドラゴンバンクを去ったことに(裏切ったことに)後悔はないという清々しい表情を浮かべた蛇島がいました。

 

ドラ娘の開発者

蛇島は、大ヒットゲーム『ドラ娘』の開発者です。

蛇島を中心にした開発チームが手掛けたドラ娘は、「開発者の名前を言わない。売上などを口外しない。」という契約をさせられたため、長年明かされていませんでした。

その契約のため、蛇島は売れても手柄を口外できず報酬面でも報われていなかったのです。

ドラ娘の開発者が誰なのか知るため、ガクはドラゴンバンクのサーバーに侵入!

ドラ娘に関する情報を盗もうとしました

 

でも、ガクにはできずサーバーに侵入はしましたがなにも盗まず、むしろ使いやすく修正をしてあげて去りました。

そのことはすぐにキリカ(ドラゴンバンク社長令嬢)にバレ、ガクをデートに誘い侵入について追及。

そこでドラ娘の開発者が誰なのかと開発記録をガクに差し出すキリカ

「ちゃんと仕事をするデキる男はみんな好きよ」と言い、キリカとハル、ガクのライバル以上の関係性が伺えました。

キリカからの情報提供で、ドラ娘の開発者が蛇島透だということがわかりました。

 

 

70%OFFでトリリオンゲームを安く読む方法

 

ここで少しだけ、トリリオンゲームを安くお得に読む方法をご紹介します。

数多くある電子書籍サービスの中から、どこよりも安く安心して利用できるサービス「ebookjapan」をピックアップしてみました↓↓

サービス名1冊あたり
(定価)
お得度
ebook
japan
208円
(693円)

70%オフ(6回)

最大3,000円引き

※1冊あたりの最安値です(定価は693円)

 

他のサービスの中でも1番おすすめなのが「ebookjapan」です。

いきなりもらえる70%OFFクーポンを使用することで、トリリオンゲームが1冊あたり208円で読めます。

しかも、これが6枚ももらえるため業界最安値なのは間違いないでしょう!

 

 

\ 結論、ebookjapanがおすすめ/

60秒で無料登録

今すぐ70%OFFクーポンをもらう

※6回まで利用可能 (最大3,000円引き)

※入会費・月額利用料はかかりません

 

 

【トリリオンゲーム】蛇島徹の裏切り説についてまとめ

 

まとめ
  • 蛇島はドラゴンバンクを裏切る
  • 裏切った理由① 長年の飼い殺し状態
  • 裏切った理由② 移籍話がキリカからの話だったから
  • 裏切った理由③ 桜たちの熱い気持ちに感化
  • ドラ娘の開発者

 

今回は、お金大好きなゲームクリエイターの蛇島透の裏切り説について考察してきました。

蛇島は、IT大手起業ドラゴンバンクでゲーム開発者として働き、大ヒットゲーム「ドラ娘」を開発。

クリエイターが報われないという話は、身の詰まる思いがしましたね。

成果に見合う正しい評価がなされないと、人はやる気を削がれるということがよく伝わってきました。

 

これから先、蛇島には伸び伸びとゲーム開発の仕事をしていって欲しいですね!

トリリオンゲームのアニメ放送は2024年10月。

蛇島とハル、ガクの躍進をアニメで見られるのが今から楽しみです!

 

★ピックアップ

その他のトリリオンゲームの記事もすごく読まれています