一括見積できる「外壁塗装紹介サイト」とは?簡単に料金の相場が分かる

公開日: 2022年12月10日 | 最終更新日: 2022年12月10日

 

みなさんは「外壁塗装」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

言葉通り「外壁を塗装する」という意味ですが、「持ち家の方」や「家主の方」もしくは「工事関係の職に就かれている方」は、すぐに分かるでしょう。

ただ、普段生活をしている上ではあまり馴染みのない言葉かもしれません。

おおよそ「10年」単位で、外壁工事をする「会社・賃貸住宅・ご家庭」がほとんどです。

雨風にさらされている部分なので、一種の消耗品とも言えます。

 

そんな時、困るのが「どこの業者にしたらよいか分からない」ということです。

色々な業者の中から選択するだけでも、体力を消耗し疲れてしまいますよね。

 

そんな方におすすめなのが「外壁塗装紹介サイト」です!

こちらの紹介サイトを利用することで、お住まいの近くの塗装店がすぐに見つかります。

外壁塗装にお悩みの方には、心強い味方となってくれるでしょう!

 

では、この「外壁塗装紹介サイト」とは、一体どんなサービスなのでしょうか?

そして、どのような仕組みとなっているのか?

 

今回は、外装塗装の業者が見つかる「外壁塗装紹介サイト」についてご紹介します↓↓

この記事を見て分かること
  • 外壁塗装紹介サイト」の概要
  • 上手な見積もり方法」について
  • 工事業者選定」のポイントをご紹介

 

一括見積できる「外壁塗装紹介サイト」とは?

 

冒頭では「外壁塗装紹介サイト」について触れました。

上記は、外壁塗装紹介サイトのホームページにある画像です。

ご利用無料」や「すぐに見積もり」ができることが記載されており、非常に内容が気になりますよね!

 

実は、外壁塗装紹介サイトがよく選ばれるのには、ある理由・・・・がありました。

※後ほど、ご紹介します

 

では早速ですが、この「外壁塗装紹介サイト」について解説していきます↓↓

 

「外壁塗装紹介サイト」の概要

まずは「外壁塗装紹介サイト」の会社概要です↓↓

サイト概要

  • サイト名「外壁塗装紹介サイト
  • 内容「最大3社へカンタンに一括見積もり診断ができる」

外壁塗装の相場を知った上で、安心して比較・検討することができるサービス

中間マージンをなくした「外壁一括見積りサイト」

全国の優良加盟店最大3社へ一括で無料見積依頼

  • 電話番号「0120-687-685]
  • 受付時間「10:00~18:00」(土日祝を除く)

 

特徴

  • お見積りが無料

→まずはお気軽に相場を知れる

 

  • 他サービスと比較して紹介料が抑えられる

→安心・納得な見積額

 

  • 優良な塗装業者が見つかる

→最大3社のご紹介

 

  • 各都道府県別にそれぞれ加盟店舗が存在する

→お住まいの場所を問わず利用可能

→各地域の助成金情報もサイトから検索可能

 

選ばれる3つの理由

  • 請負工事成果報酬「0円」
  • 登録料「0円」
  • 月額費用「0円」

 

紹介までの流れ

  • い合わせる

→1分程度で完了する、必要な項目を入力

 

  • ② 電話にてヒアリング

→外壁塗装紹介サイトの専任スタッフより電話がある

→抱えている要望をしっかりヒアリングしてくれる (どのような塗装業者様を希望するか、など)

 

  • ③ 加盟店へ紹介

→外壁塗装紹介サイトの専任スタッフより最大3社までの加盟店へ紹介してもらえる(2社または1社でも可)

 

今後の活動・ビジョン

  • 利用者や施工業者ともに適正な価格で両者が満足できる外壁工事を普及させたい
  • 1番ネックな高い紹介料を少しでも抑えて提供したいから

→「外壁塗装紹介サイト」と同業他社サイトの違いの1番の相違点は「紹介料の差

→「外壁塗装紹介サイト」の手数料は「1万円+消費税」のみとしている

→他社サイトでは施工業者の工事の成約金額の「10~15%」を紹介サイトが手数料として受け取っている

→外壁塗装は100万円を超えることもあり、その場合だと料金の中の「10~15万円」を紹介サイトが受け取っている

→あい見積もりを取って1番安い業者にしても、実は割高な事が多い

 

以上が、外壁塗装紹介サイトの概要説明でした!

上記の内容によって、利用者も塗装業者 (加盟店)どちらにもメリットがあるようなシステムにて運営されています。

そして、登録をしている業者もこのシステムを理解&納得した上で加入しているので、その後の「イメージと違った・・」というズレもほとんどありません。

 

また、多くの優良施工業者が続々と登録しており、今後もその加盟数は増加していくことが予想されます。

そうなれば、利用者も選択できる業者が増えますし、依頼が増える加盟店も嬉しいので「Win-Win」です。

高い紹介料に悩んでいる方は、ぜひサイトをご覧下さい^ ^

 

→「外壁塗装紹介サイト」はこちら

 

「上手な見積もり方法」について

先ほどは「外壁塗装紹介サイト」について解説してきました。

ここからは「上手な見積もり方法」をご紹介します!

 

まず、外壁塗装の業者を探す場合「あい見積」を取るのが一般的です。

ここで注意とされているのが「価格だけで判断しないこと」です。

もちろん価格の安さ重要ですが、外壁塗装の見積もりは奥が深く、値段だけで比べてしまうと失敗してしまう可能性もあります。

上記を加味した上で、見積もりで失敗しない3つのポイントをお伝えします↓↓

① 外壁塗装の見積もり内訳の相場を知っておく

  • 数多くの業者から見積もりを取り寄せても「相場」を知らなければ正しく判断することができない
  • 一般的に戸建ての外壁塗装の相場は「60〜100万円」と言われている

→例 ) 「A社の見積もりは60万円」「B社が100万円」など

 

  • 見積もりを正しく読み解くためには、合計だけでなく「内訳」を確認することが重要

→外壁塗装の見積もりは、足場やコーキング、外壁塗装や屋根塗装などの付帯部分に細かく分かれている

→それぞれの相場を知っておくことで「どの部分にお金を使っているのか」が分かる

 

② 外壁塗装は「共通した条件」で見積もりを依頼する

  • あい見積もりで多い失敗が「業者ごとに条件を変えてしまうこと

→例) 「A社には外壁だけ」「B社には外壁と屋根」「C社には最高級塗料で外壁と屋根」など

→この上記の条件で見積もり依頼をすれば、C社が1番高い値段となる

→外壁塗装の値段は、塗る面積が大きくなればなるほど高くなり、塗料が高級になればなるほど高くなる

→あい見積もりをするときには、塗る箇所や使う塗料など「共通した条件」で依頼することがポイント

 

③ 諸経費が多い場合は問い合わせる

  • 見積もりの最後に「諸経費」と書いてあることがある

→諸経費とは、廃材の片づけ費用や通信費のように直接工事に関係のない経費

→一般的に諸経費の相場は、合計額の20%以内

→大幅に相場を超えているときには内訳を聞いてみると良い

 

上記では、見積もりに失敗しない方法を3つご紹介しました。

ここからは、引き続き「ハウスメーカー」「リフォーム会社」「塗装専門の工務店」という3つの業者に触れていきながら、あなたに合ったお見積もりを見つけるためのコツを解説します。

外壁塗装の見積もりは、依頼する業者によって金額は変わる」ということを念頭に置きながら、それぞれのメリットとデメリットや、さらには料金相場の違いにもフォーカスしていきましょう↓↓

ハウスメーカー

  • メリット

→「家の構造をよく知っている」こと

→CMなどから認知度が高く「安心感がある」こと

 

  • デメリット

→実際の作業は「下請け業者が行う」こと

→知名度が高いハウスメーカーであっても、必ずしも作業を行う下請け業者も「信頼できるとは限らない」こと

→「見積もりが高くなる」傾向がある

 

リフォーム会社

  • メリット

→「家の内装・外装に詳しく、リフォーム経験が豊富にある」こと

→足場を組むため「高所のリフォームもついでに行うことができる」「様々な修理を行えること

 

  • デメリット

→実際の作業は「下請け業者が行う」こと

→リフォーム会社は「地域密着の業者とは限らない」こと

→「見積もりが高くなる」傾向がある

 

塗装専門の工務店

  • メリット

→「外壁塗装の知識が高く、専門的なサービスを受けられる」こと

→「技術力がある職人が在籍している」こと

→ハウスメーカーやリフォーム会社と比較すると「安くできる傾向にある」こと

→地域密着型なので「土地の特徴に適した外壁塗装を行うことができる」こと

 

  • デメリット

→規模が小さく塗装以外の工事に弱い」こと

→専門の工務店であっても「下請け業者である可能性がある」こと

→リフォーム会社は「地域密着の業者とは限らない」こと

→「見積もりが高くなる」傾向がある

 

以上、上手な見積もり方法についてでした!

少し専門的な内容となりましたが、上記を知っているかいないかだけでも損得が大きく変化します。

 

ここで一例ですが、もし見積もり内容に「足場40万円」と記載があった場合どう感じるでしょうか?

実は、一般的に足場の相場は「15万円前後」です。

40万円ともなると、相場を大幅に超えた高額な見積もりです。

 

さらに、それとは逆に「足場無料」と書いてあることもあります。

部分的に見れば嬉しい記載内容ですが、実はそのような場合には「他の項目に上乗せされている」という可能性も考えられるでしょう。

このように、見積もりの内訳相場を知っておくことで「誠実な業者か」「どこにお金をかける業者か」まで見抜くことができるのです。

 

最後に、サイト内に記載のあったタメになる内容を抜粋致します↓↓

※ニュアンスが変化するといけないため、そのまま引用しています↓↓

上手な見積もりの方法!あい見積もりは一括見積もりサイトからの依頼が便利

外壁塗装を考えたら見積もりは必須です。

しかし、外壁塗装の知識が乏しい状態で見積もりを依頼する業者を選び、相場を調べることは時間と手間がかかります。

外壁塗装のあい見積もりには、一括見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

一括見積もりサイトからの依頼ならば、サイトを経由するため365日24時間、都合のいいタイミングで依頼することができます。

また、直接業者と交渉するのではなく「紹介サイトの専門スタッフ」が第三者的な立場で間に入るため、気になることや要望を存分に伝えることができるでしょう。

 

おわりに

外壁塗装は10年に一度が目安といわれています。

外壁塗装は、頻度が少なく大きな出費になることだからこそ失敗はしたくありません。

正しい知識と便利な一括見積もりを利用して満足できる外壁塗装をしてみてはいかがでしょうか。

引用元:外壁塗装紹介サイト 公式HP

参考URL : https://gaiheki-syoukai.com/ 

 

→「外壁塗装紹介サイト」はこちら

 

 

「工事業者選定」のポイントをご紹介

最後に、見積もりに納得した次のプロセスとなる「工事業者の選定」についてフォーカスして終わりにしたいと思います。

普段馴染みがない分「どこに依頼して良いか分からない・・」という方がほとんどでしょう。

最低限の知識として、知っておくべき「7つのポイント」をご紹介します↓↓

  • ① いきなり訪問営業の業者に依頼するのは危険

→業者の中には、屋根や外壁が劣化していないにも関わらず「修理が必要」と言うところもある

→キャンペーンなど、あたかもお得に契約できるような理由をつけて「すぐに契約させようとする」業者も増えている

 

  • ② 低価格・大幅値引きをアピールする業者には要注意

→塗装業者は「価格だけで判断しない」ようにすることが必要

→依頼主の知識が無いのを良いことに「手抜き工事をする業者」による苦情や被害が増加中

 

  • まずは現地調査から

→塗装業者は、見積り前に現状を知るために「劣化の度合いや外壁・屋根の材質なども丹念に調査」するのが一般的

→その後「どのような工事が最も最適なのか」を判断し見積りを作成

→最近では「調査診断書」を無料で作成する業者様も増えている

→「不要な箇所の工事」を進められる心配がない

 

  • ④ 近所の業者という理由だけで依頼するのも注意が必要

→「近くのリフォーム業者」に相談するのも1つの方法

→ただ、近いといううだけで決めると他者と「比較検討」できない

→結果的に「値引き」してもらえなかったり、近所だからと「断れない」という状況にも陥る

→「最適な塗装・修繕プランを選べなくなる」という可能性がある

 

  • ⑤ 施工実績が重要

→「施工実績」や、完成した「施工件数」は重要なポイント

→また、参考になるような「類似の施工事例があるか」ということも重要

→ホームページなどで「施工事績を確認する」のも1つの方法

 

  • ⑥ 施工後のサポートがない業者が増えている

→正しい「メンテナンススケジュール」を説明しない業者が増えている

→「アフターサービス」の体制がしっかりしている業者を選定する

→屋根材や外壁材の「メーカーが公式に発表している耐久年数」も参考になる

 

  • ⑦ 全てを業者任せにせず、依頼主自身も事前に情報収集することが最重要

→専門的なことは施工業者に任せても「塗料の違い」「耐用年数」「大まかな相場」などは、あらかじめ情報収集しておく

→これにより、希望が伝えやすくなるだけでなく「業者とのやり取りがスムーズ」に進み「的確なアドバイスや質問への回答」が得られる

 

以上、工事業者の選定のポイント7選でした!

外壁塗装紹介サイトでは、これを全て理解した上で依頼主にサービスを提供しています。

業界の裏事情を知っているからこそ、より高い満足度が得られるわけですね!

 

見積もりをしたら「絶対に頼まないといけない!」ということはないので、まずは気軽にサービスを利用すると良いでしょう。

ただ、それまでに自身で必要な情報を得ておく必要があることをお忘れなく^ ^

 

→「外壁塗装紹介サイト」はこちら

 

【外壁塗装紹介サイト】についてまとめ

 

まとめ

外壁塗装紹介サイトについて

サイト概要

  • サイト名「外壁塗装紹介サイト
  • 内容「最大3社へカンタンに一括見積もり依頼ができる」

外壁塗装の相場を知った上で、安心して比較・検討することができるサービス

中間マージンをなくした「外壁一括見積りサイト」

全国の優良加盟店最大3社へ一括で無料見積依頼

  • 電話番号「0120-687-685]
  • 受付時間「10:00~18:00」(土日祝を除く)

 

特徴

  • お見積りが無料

→まずはお気軽に相場を知れる

 

  • 他サービスと比較して紹介料が抑えられる

→安心・納得な見積額

 

  • 優良な塗装業者が見つかる

→最大3社のご紹介

 

  • 各都道府県別にそれぞれ加盟店舗が存在する

→お住まいの場所を問わず利用可能

→各地域の助成金情報もサイトから検索可能

 

選ばれる3つの理由

  • 請負工事成果報酬「0円」
  • 登録料「0円」
  • 月額費用「0円」

 

紹介までの流れ

  • 問い合わせる

→1分程度で完了する、必要な項目を入力

 

  • ② 電話にてヒアリング

→外壁塗装紹介サイトの専任スタッフより電話がある

→抱えている要望をしっかりヒアリングしてくれる (どのような塗装業者様を希望するか、など)

 

  • ③ 加盟店へ紹介

→外壁塗装紹介サイトの専任スタッフより最大3社までの加盟店へ紹介してもらえる(2社または1社でも可)

 

今後の活動・ビジョン

  • 利用者や施工業者ともに適正な価格で両者が満足できる外壁工事を普及させたい
  • 1番ネックな高い紹介料を少しでも抑えて提供したいから

→「外壁塗装紹介サイト」と同業他社サイトの違いの1番の相違点は「紹介料の差

→「外壁塗装紹介サイト」の手数料は「1万円+消費税」のみとしている

→他社サイトでは施工業者の工事の成約金額の「10~15%」を紹介サイトが手数料として受け取っている

→外壁塗装は100万円を超えることもあり、その場合だと料金の中の「10~15万円」を紹介サイトが受け取っている

→あい見積もりを取って1番安い業者にしても、実は割高な事が多い

 

 

上手な見積もり方法について

① 外壁塗装の見積もり内訳の相場を知っておく

  • 数多くの業者から見積もりを取り寄せても「相場」を知らなければ正しく判断することができない
  • 一般的に戸建ての外壁塗装の相場は「60〜100万円」と言われている

→例 ) 「A社の見積もりは60万円」「B社が100万円」など

 

  • 見積もりを正しく読み解くためには、合計だけでなく「内訳」を確認することが重要

→外壁塗装の見積もりは、足場やコーキング、外壁塗装や屋根塗装などの付帯部分に細かく分かれている

→それぞれの相場を知っておくことで「どの部分にお金を使っているのか」が分かる

 

② 外壁塗装は「共通した条件」で見積もりを依頼する

  • あい見積もりで多い失敗が「業者ごとに条件を変えてしまうこと

→例) 「A社には外壁だけ」「B社には外壁と屋根」「C社には最高級塗料で外壁と屋根」など

→この上記の条件で見積もり依頼をすれば、C社が1番高い値段となる

→外壁塗装の値段は、塗る面積が大きくなればなるほど高くなり、塗料が高級になればなるほど高くなる

→あい見積もりをするときには、塗る箇所や使う塗料など「共通した条件」で依頼することがポイント

 

③ 諸経費が多い場合は問い合わせる

  • 見積もりの最後に「諸経費」と書いてあることがある

→諸経費とは、廃材の片づけ費用や通信費のように直接工事に関係のない経費

→一般的に諸経費の相場は、合計額の20%以内

→大幅に相場を超えているときには内訳を聞いてみると良い

 

 

3つの業者のメリット・デメリット

ハウスメーカー

  • メリット

→「家の構造をよく知っている」こと

→CMなどから認知度が高く「安心感がある」こと

 

  • デメリット

→実際の作業は「下請け業者が行う」こと

→知名度が高いハウスメーカーであっても、必ずしも作業を行う下請け業者も「信頼できるとは限らない」こと

→「見積もりが高くなる」傾向がある

 

リフォーム会社

  • メリット

→「家の内装・外装に詳しく、リフォーム経験が豊富にある」こと

→足場を組むため「高所のリフォームもついでに行うことができる」「様々な修理を行えること

 

  • デメリット

→実際の作業は「下請け業者が行う」こと

→リフォーム会社は「地域密着の業者とは限らない」こと

→「見積もりが高くなる」傾向がある

 

塗装専門の工務店

  • メリット

→「外壁塗装の知識が高く、専門的なサービスを受けられる」こと

→「技術力がある職人が在籍している」こと

→ハウスメーカーやリフォーム会社と比較すると「安くできる傾向にある」こと

→地域密着型なので「土地の特徴に適した外壁塗装を行うことができる」こと

 

  • デメリット

→規模が小さく「塗装以外の工事に弱い」こと

→専門の工務店であっても「下請け業者である可能性がある」こと

→リフォーム会社は「地域密着の業者とは限らない」こと

→「見積もりが高くなる」傾向がある

 

 

「工事業者選定」のポイントをご紹介

  • ① いきなり訪問営業の業者に依頼するのは危険

→業者の中には、屋根や外壁が劣化していないにも関わらず「修理が必要」と言うところもある

→キャンペーンなど、あたかもお得に契約できるような理由をつけて「すぐに契約させようとする」業者も増えている

 

  • ② 低価格・大幅値引きをアピールする業者には要注意

→塗装業者は「価格だけで判断しない」ようにすることが必要

→依頼主の知識が無いのを良いことに「手抜き工事をする業者」による苦情や被害が増加中

 

  • まずは現地調査から

→塗装業者は、見積り前に現状を知るために「劣化の度合いや外壁・屋根の材質なども丹念に調査」するのが一般的

→その後「どのような工事が最も最適なのか」を判断し見積りを作成

→最近では「調査診断書」を無料で作成する業者様も増えている

→「不要な箇所の工事」を進められる心配がない

 

  • ④ 近所の業者という理由だけで依頼するのも注意が必要

→「近くのリフォーム業者」に相談するのも1つの方法

→ただ、近いといううだけで決めると他者と「比較検討」できない

→結果的に「値引き」してもらえなかったり、近所だからと「断れない」という状況にも陥る

→「最適な塗装・修繕プランを選べなくなる」という可能性がある

 

  • ⑤ 施工実績が重要

→「施工実績」や、完成した「施工件数」は重要なポイント

→また、参考になるような「類似の施工事例があるか」ということも重要

→ホームページなどで「施工事績を確認する」のも1つの方法

 

  • ⑥ 施工後のサポートがない業者が増えている

→正しい「メンテナンススケジュール」を説明しない業者が増えている

→「アフターサービス」の体制がしっかりしている業者を選定する

→屋根材や外壁材の「メーカーが公式に発表している耐久年数」も参考になる

 

  • ⑦ 全てを業者任せにせず、依頼主自身も事前に情報収集することが最重要

→専門的なことは施工業者に任せても「塗料の違い」「耐用年数」「大まかな相場」などは、あらかじめ情報収集しておく

→これにより、希望が伝えやすくなるだけでなく「業者とのやり取りがスムーズ」に進み「的確なアドバイスや質問への回答」が得られる

 

以上、外壁塗装紹介サイトのサービス説明でした!

いかがでしたでしょうか?

すごく親切なサイトであることが分かりましたよね^ ^

 

外壁塗装は今すぐ必要になるという緊急性はありませんが、物件を所有している限りは必ず必要になる工事です。

無駄とは言いませんが高い紹介料を支払うよりは、やっぱり安く済ませたいものですよね。

そんな時は、この外壁塗装紹介サイトを利用されることをオススメします!

あなたの外壁塗装の悩みを解決してくれると思いますよ^ ^

 

→「外壁塗装紹介サイト」はこちら