【太陽の末裔】6話あらすじと内容ネタバレまとめ!初キスシーンはワインの譲り合いから

この記事を読むのに必要な時間は“約 5 分”です。

 

韓国ドラマ「太陽の末裔」を見るのであれば「U-NEXT」を、個人的におすすめしています!

無料トライアルを使用すれば、見放題作品を“31日間ずっと無料”で見ることができますし、“期間内に解約”をすれば“料金は一切かかりません”のでご安心下さい!

 

↓↓登録もたった“3分”ほどで済むので、ぜひ見たいという方はこちらから↓↓

 

たった3分!U-NEXTに登録する

韓流LP

 

「太陽の末裔」6話あらすじ・内容ネタバレまとめ

「太陽の末裔」第6話のあらすじや内容について解説していきます↓↓

 

VIP患者のアラブ議長ムバラトゥが意識を取り戻す

国家間のトラブルの元となりそうだったアラブ議長ムバラトゥの手術の件で、ずっと目を覚まさなかったムバラトゥがようやく“意識を取り戻します”

この報告に、“テベク部隊、医療チーム、アラブ側、韓国側”のみんなが安堵しました!

そして、安心する医療チームの元に全員集合の指示が出ます。

 

何事かと思い、指示された場所へ行くと元気になったムバラトゥが護衛たちとともに、ヘリに乗りちょうど“アラブへ帰国”するときでした。

揉めに揉めたこの一件でしたが、最後には護衛の1人がニコッとモヨンに会釈し、モヨンもそれに応えるのでした。

 

デヨンとミョンジュが空港で出会いハグをする

韓国へ戻ろうとするデヨンが空港に到着すると、そこには“ミョンジュの姿”が。

デヨンのためにわざわざウルクまで来たミョンジュでしたが、韓国に帰ろうとするデヨンとまさかの“すれ違い”となります。

いつまで避け続けるのかと、デヨンに問うも「これは逃げではなく命令だ」とデヨンも言います。

 

そんなデヨンにミョンジュは“強烈なビンタ”をお見舞いし、さらにはデヨンの胸に軽いグーパンチで思いの丈を泣きながら伝えます。

すると、デヨンはいきなり“ミョンジュを抱き寄せ”、初めて心配する素振りを見せるのでした。

これまで自分を避け続けたデヨンから、今度は抱き寄せられ何がなんだか分からなくなったミョンジュは「卑怯者」と叫びながら、ただそこに立ちすくむのでした。

 

シジンの拘禁が解かれた後、アラブ議長から功績を称えられる

アラブ議長ムバラトゥが目を覚ましてから、韓国側は責任問題を問われずに済んだので、“シジンの拘禁を解きます”

そのお祝いとして、軍の仲間たちがささやかなパーティを催します。

 

そんな時、シジンとモヨンがアラブ議長“ムバラトゥに呼ばれる”ことになります。

彼の元へ行くと、そこには手術後に“元気な姿”でムバラトゥが護衛と通訳と一緒に待っていました。

今回の、一件でアラブと韓国が緊迫状態となる覚悟の上、“勇敢な判断をしてくれたシジンとモヨンにお礼”を言うムバラトゥ。

そして、“彼らにプレゼント”として自身の“名刺を2枚プレゼント”します。

アラブの国中のどこでも、“その名刺をひとたび渡すことで何でもできる”というものでした!

 

そこで、シジンはもらって早速その護衛に名刺を見せて「これ乗せて」と言い、アラブ側の“車をそのまま借りる”のでした!

「もっと重要な場面のために残しておくべきだった」とモヨンは呆れますが、シジンは「モヨンとデートがしたくて、そのために利用できたからこれ以上のことはない」と言います。

シジンとモヨンは束の間のデートを楽しむのでした。

 

太陽の末裔 6話を視聴する

韓流LP

 

シジンのかつての戦友が亡くなる

シジンとモヨンがデートをしている時に、“訃報”が届きます。

それは、かつてシジンと“同じ部隊に所属していた戦友が亡くなった”連絡でした。

 

シジンは再びデートをすっぽかすことになることを詫びましたが、今回はモヨンも引きません。

「私も連れて行ってと言ったら?」と強気に構え、シジンも今回は意見を飲むのでした。

そして、2人は葬式へ向かうのでした。

 

元いた軍隊のキャプテンが武器密売組織の男

かつての戦友の死にシジンも心痛しており、思うところがあるようでした。

かつての戦友との軍隊の回想シーンに入り、楽しそうな雰囲気が描かれていました。

そこで1つ驚くことがありました。

なんと、シジンがいた“部隊のキャプテンが、少し前に登場した武器の密売人のスーツを着た男”だったのです!

 

そして、シジンと同じようにかつての戦友を見届けるために“葬儀に参加”していました。

ただ、実際に参列するわけではなく遠目に葬儀を見ており、しばらくすると車に乗ってそそくさとどこかへ行きます。

今後のシジンと元キャプテンの関係はどうなるのでしょうか。

 

シジンは軍の命令違反による処罰を受ける

アラブ議長へ強行手術をしたことに対して、シジンは上官から“召集命令”を受けます。

そこで、“命令違反”について言及されます。

 

アラブと韓国が戦争になりかねない状況でしたが、ムバラトゥの意識が戻った段階で、韓国側は“責任を負う必要はありません”でした。

しかし、韓国軍の命令を無視したシジンに対して、“何かしらの措置を取らなければ統制問題に影響”するので、シジンを処罰することにします。

 

ただし、名目上はその少し前にシジンが“無断で不発弾を除去したことへの処罰”ということになっています。

“3か月の減俸”と、“昇進するための人員リストからの削除”“2つの処罰”が下されることになりました。

シジンも異論なくそれを受け入れます。

 

しかし、この決定に“納得できない人物”が1人いました。

それは、“モヨン”です。

 

国家間の政治的な衝突は関係なく、“医師として”ムバラトゥの命を助けたいと判断したことが原因で、“シジンを巻き込んでしまった”と責任を感じていました。

モヨンは処罰を命じたシジンの上官の元へ行き、現場の状況説明などをし“決定を覆そうと抗議”しましたが、急いでシジンが止めに入ります。

 

シジンも軍人としてあるまじき行為をしていると自覚した上で、“患者の命を最優先”にしました。

そこには、その後どんな処罰を受けてもよいという覚悟があったからこそ、そう判断しました。

なので、その決定には“異論なく”一言返事で認めたのです。

 

しかし、その自分の覚悟を知らないモヨンが“善意とはいえシジンの気持ちを踏みにじる”結果となったので、珍しくシジンも怒ります。

つい、“ありがた迷惑”だと罵ってしまうのです。

モヨンも善かれと思い行動したつもりが、裏目に出てしまい怒りと悲しみで車に乗って宿舎に帰ってしまいます。

1人取り残されたシジンは歩いて帰るには遠すぎるので、部下にお願いして車で迎えに来てもらうのでした。

 

ワインの譲り合いからシジンとモヨンの初キスシーン

部下に車で送り届けてもらったときには、すっかり“夜”になっていました。

シジンは“デヨンと電話”をした流れから、“ワインの隠し場所”を教えてもらいます。

色々なことがあり、その疲れからかシジンはワインを飲もうとしていました。

 

すると、そこに水を飲みに来たモヨンと鉢合わせします。

そこで、“再び話し合って”2人は言い過ぎたことを反省します。

シジンはモヨンにワインを勧めて、お互い譲り合います。

 

最初に飲んだのはモヨンで、そのあとシジンにも勧めますがシジンは飲もうとはしませんでした。

1人でこっそり飲むつもりで、モヨンに見られて“断念”したようです。

 

その後、モヨンがワインを飲みながらシジンに対する気持ちを映画に例えて話をします。

1度シジンにすっぽかされたデート中に見ていた映画は「私にとってユ・シジンそのものだから」と。

だから、他の男とあの映画を見たとしても「あなたを思い出してしまう」とモヨンが言い、シジンはしばらく無言でモヨンを見つめます。

モヨンはワインが欲しいのではないかと勘違いして、「飲みますか?」と返しますが、シジンは「方法がないわけじゃない」と意味深なセリフを言います。

その後、“モヨンの元に歩み寄り両肩に手を添えキス”をするのでした。

 

以上が、「太陽の末裔」第6話のあらすじ・内容やネタバレについてでした!

 

シジンとモヨンのキスシーンを見る

韓流LP

 

韓ドラ「太陽の末裔」6話についてまとめ

 

●VIP患者のアラブ議長ムバラトゥが意識を取り戻す

●デヨンとミョンジュが空港で出会いハグをする

●シジンの拘禁が解かれた後、アラブ議長から功績を称えられる

●シジンのかつての戦友が亡くなる元いた軍隊のキャプテンが武器密売組織の男

●シジンは軍の命令違反による処罰を受ける

●ワインの譲り合いからシジンとモヨンの初キスシーン

 

↑↑第6話では、以上のストーリーとなっていました↑↑

 

まだ付き合っていないシジンとモヨンですが、キスの行方は!?

「太陽の末裔」第6話以降の、今後の話が気になるので今すぐにも見たいですよね!

 

「第6話」以降を今すぐ見たい方は、

↓↓「U-NEXT」を利用すれば見ることができます↓↓

 

今すぐ太陽の末裔 第7話を見る

韓流LP