【週刊文春】新谷学「編集局長」の年齢や経歴は?人物像や家族がいるのか考察!

 

最近世を賑わすことが多くなってきた、「週刊文春」ですが、それも“現・編集局長”“新谷学”さんが当時編集長の時からその影響は強くなった印象です!

新谷学さんとは一体どのような方なのでしょうか?

 

今回は、そんな「週刊文春」“編集局長”“新谷学”さんの“年齢や経歴”、さらに“人物像”“家族”がいるのかも考察してお話していきたいと思います!

 

 

【週刊文春】新谷学さんの年齢や経歴について

 

「週刊文春」“編集局長”の新谷学さんはどのような経歴の持ち主で、現在何歳なのか気になるところです!

以下、説明していきます!

 

新谷学さんは現在”55歳”

新谷さんの誕生日は“1964年9月1日”です!

なので2019年現在は“55歳”ということになります!

 

人と会う機会が多い職業だからか、非常に“若く見えますね”

同年齢の芸能人で言うと、俳優の“阿部寛”“堤真一”、芸人だとウッチャンナンチャンの“内村光良”“出川哲朗”がいます!

 

編集者”一筋”の経歴

1983年3月 – 東京都立八王子東高等学校 卒

1989年3月 – 早稲田大学政治経済学部 政治学科 卒業

1989年4月 – 株式会社“文藝春秋”入社。スポーツ・グラフィック・ナンバー、マルコポーロ編集部

2001年 – 週刊文春編集部“デスク”、文藝春秋編集部“統括次長”、ノンフィクション局“第一部長”(書籍)を歴任

2012年4月 – 週刊文春“編集長”に就任

2018年7月 – 新設された週刊文春編集局の“局長”に就任

 

引用元:ウィキペディア

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E8%B0%B7%E5%AD%A6

 

新谷さんは、早稲田という名門大学で政治学を専攻した後、雑誌編集者としてスタートをきることになります!

 

24歳の時に“文藝春秋”に入社し、そこから“雑誌編集者”として仕事に携わっています!

そして47歳の時に「週刊文春」の“編集長”、53歳に同社“編集局長”に就いています!

 

“約30年間”、編集者“一筋”の人生を送ってきており、新谷さんの報道に対する情熱を感じました!

 

新谷学さんの編集局長」としての人物像

 

新谷さんが「週刊文春」“編集長”に就いてからスクープ記事を連発して報道し、その威力から「文春砲」と呼ばれるきっかけを作りました!

そんな新谷さんはどんな人間性を持っているのでしょうか。

 

以下、新谷さんの“人物像”についてお話していきます!

 

新谷さんはストイックで信頼されるビジネスリーダー

新谷さんは、「週刊文春」編集長時代に『週刊文春 編集長の仕事術』という書籍を出しています!

その中で、仕事に対する考え方が説明されているのですが、誰よりも“ストイック”という印象でした!

 

“日々、大量の仕事をさばき最高のパフォーマンスを発揮する”という根本的な芯がブレない人物です!

いつでも“フルスイング”で、“動かぬ証拠を先に掴んでから事実だけを報道する”緻密さを持ち合わせる性格です!

なので、1度報道されると“弁解が出来ず”受け止めるしかない様子は芸能人などを見ているので分かります。

 

さらに、部下の仕事に対して“絶大な信頼”を置くことにも驚きです。

一般的には、部下が成果の出なさそうな仕事をしていれば“修正”を加えたり、“白紙”に戻したりと“損をする前に手を打つ”のがほとんどですが、新谷さんはそのようなことをしません!

 

「彼なら必ずやり遂げてくれるはずだ」

 

このように、まず“部下のこと”“仕事のこと”を信頼して“伸びのび仕事ができる環境作り”を行なっています!

部下からしても、信頼してくれているのでその気持ちに応えようとさらに仕事を頑張ります!

気持ちの良い感情だからこそ、粘り強い取材ができ“特ダネ”を持ってこれるのです!

そして、それが“自信に繋がり”どんどん質の良い仕事ができるようになっていきます!

 

“統率力”“牽引力”とはまた違った“リーダーシップの手法”だと感じました!

仕事に取り組む姿勢も大事ですが、そういった気持ちにさせてくれるトップがいると働きやすいものです!

部下を信頼し、部下からも信頼されるそんなトップばかりではないので、羨ましい限りです。

 

さらに、報道する内容が事実だとしても“報道される側”は泣きを見ることになります!

言ってしまえば“恨み”を買うことも多いと思います。

普通であれば、少し気が引けたり気持ちが揺らいだりするかと思いますが、新谷さんはそういったことはありません!

なぜなら、“事実を報道すること”が仕事で、“それがプロ”なのだと考えているからです!

“プロ根性”が人一倍強く、“ブレないメンタル”の持ち主だと言えます!

 

以上のように、新谷さんは仕事に対する“ストイックさ”と部下に対する“絶大な信頼”を置いています!

この2つが絶妙な良いバランスを保っています!

さらに、報道することへの気持ちの揺らぎがなく、プロとして日々新たなスクープを追い求めています!

 

“リーダー気質”、“部下からの信頼の厚さ”、”プロ根性でブレないメンタルのを持つ”

これこそが、新谷さんの人物像といえます!

 

 

新谷学さんには家族がいるのか?

 

これまでの経歴を見て頂くと、新谷さんは“仕事一筋”といった印象でした!

世間では、新谷さんが結婚して家族がいるのか気になっているようです!

この件について調べてみましたが、“どこにも情報がなかった”ため、考察という形でお話しできたらと思います!

 

新谷学さんは結婚していない

これにはいくつかの理由があります!

 

仕事が多忙を極める

大学を卒業後、約30年間に渡り雑誌編集者として突き進んできた新谷さんですが、報道の仕事は“鮮度”、”証拠”が重要だと感じます!

スクープ記事の裏には“ライバル”がいることも多く、“スピード感”を持って仕事にあたらないといけません。

そのため、一般的な会社の“8時~17時”“9時~18時”など、日々定時で仕事を終える方は少ないと思います!

いつでも特ダネを探し“アンテナを張り続けている”状態だと思うので、毎日が仕事で“手いっぱい”だと感じます!

新谷さんの場合はその気持ちが人一倍強く、恋愛をしていたとしても仕事のことが頭から離れず気持ちが入らない、まるで“モノ作りの職人”のような気概を持つ方だという印象です!

なので、いわゆる“仕事が恋人”という人間性で“結婚はしていない”と判断しました!

 

指輪をしていない

これは非常に単純な理由ですが、新谷さんは“結婚指輪をしていません”

メディアに露出している写真を見ても、どの写真にも指輪がありません。

さらに、薬指に指輪の跡も見られませんでした!

「仕事中は外しているだけ」「普段からしていないのでは?」と言われればそれで終わりなのですが、新谷さんの性格上もし結婚してれば付けるような気がします!

「外すぐらいなら結婚しない」「結婚するならずっと付ける」という“極論の考え”をお持ちな方だと勝手に認識しています!

この理由から、結婚はしていないと考えました!

 

仕事柄良く思われない

前述しましたが、報道される側から“恨み”などを買うことも少なくありません。

自身だけならまだしも、もし結婚して家庭を持ち、“逆恨みで妻や子供へと対象が変化”すればこんなに怖いことはありません。

それを重々理解している新谷さんだからこそ、“あえて結婚はせず家庭を持たない”のではないでしょうか?

守るものができてしまうと、それを意識してしまい“報道に対してブレーキがかかってしまう”恐れがあるからです!

 

以上の理由から、“新谷さんは結婚していない”という考察をしました!

 

【週刊文春】についてまとめ

「週刊文春」“編集局長”“新谷学”さんの“年齢や経歴”、さらに“人物像”“家族”がいるのかも考察してお話してきました!

 

まとめ

◯新谷さんは“現在55歳”で、“高学歴、仕事熱心で雑誌編集者として数々の実績”を出している

◯人物像として、“リーダー気質”、“部下からの信頼の厚さ”、”プロ根性でブレないメンタルのを持つ”

◯さまざまな理由から新谷さんは“結婚していない”と考察した

 

文春砲という形で、世に意識されるようになった「週刊文春」を作り上げてきました!

新谷さんもおっしゃっていますが「自分1人ではなにもできない」という考えのもと、周囲の人間を頼り頼られる人間性に魅力を感じている方も多いのではないでしょうか!

 

新谷さんの人物像について興味を持った方がいれば、ぜひ「週刊文春 編集長の仕事術」(新谷学著)を読んでみて下さい!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です