新谷学の著書「週刊文春/編集長の仕事術」の内容や値段は?口コミまとめ!

 

 

「週刊文春」といえばここ数年で“驚くべき話題性を持つメディア”となりました!

中でも、文春砲と呼ばれるきっかけを作った当時の編集長“新谷学(しんたにまなぶ)”さんの影響力は凄まじいものがあります!

 

今回は、「週刊文春」“現・編集局長”“新谷学”さんの編集長時代の“著書”「週刊文春 編集長の仕事術」“内容”“値段”、その本の“口コミ”についてお話していこうと思います!

 

 

新谷学の著書「週刊文春 編集長の仕事術」の内容は?

 

“時代の流れ”をうまく捉え、スピード感溢れるネタを世に送り出し続けてきた“新谷学さん”“著書”は気になるところです。

販売されている有料本のため詳細については、お話できませんが許される範囲内で一部分だけ「週刊文春 編集長の仕事術」の内容について触れていきたいと思います!

 

毎週いいネタをバンバン取って来て「フルスイング」する

見出しの言葉通り、“週刊文春がやってきた極めてシンプルなこと”だそうです!

スクープを連発して部数を伸ばし、世の中の注目を集める。

いいものを作るために全身全霊を捧げる、という「正攻法」でここまでやってきた。

それによって多くの読者の支持を得たことが素直にうれしかった。

 

なにより私は人間が好きだ。

人間が織りなす数々のドラマは本当におもしろい。

毎週「人間が主役」の週刊文春を作ることは、本当におもしろいのだ。

そのおもしろさをみなさんに伝えたい。

そしてみなさんが、それぞれのバッターボックスで「フルスイングしてみようか」という気持ちになってくれたら著者として最高にうれしい。

 

引用元:週刊文春 編集長の仕事術 新谷学著

https://galapagosstore.com/resource/browser/v21/index.html#sample=true&cid=519650&pid=sh&url=https%3A%2F%2Fgalapagosstore.com%2Fweb%2Fdispatch%3FPR%3D562735%26PT%3DBUY_NOW%26cp%3DdmzYHbRZK_m7HabxgVS-e2go4WNaslQNM_7RGKwEyjPg7dMiczk0aRMwEW-6gaQMT2m4e7srzeGJTiLnoNqujPooYCy5d6eSMo16bMQj2LhYNe3fORlfDFmFXfPSMEEWyvzqPer8uW1MrDriYfr0fA%3D%3D&title=%E3%80%8C%E9%80%B1%E5%88%8A%E6%96%87%E6%98%A5%E3%80%8D%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%95%B7%E3%81%AE%E4%BB%95%E4%BA%8B%E8%A1%93

 

この新谷学さんの報道に対する熱い気持ちは、“思っていてもなかなかできることではない”です!

常に“報道にアンテナを張り”“目を向け”“泥臭く取材を行なってきた”のだと感じます!

 

論よりファクト(事実・証拠)

ことわざで“論より証拠”とありますが、それを体現化してる週刊文春・新谷学さんは「論よりファクト」と言い数々のスクープを報道してきました!

 

これまで我々は、甘利明氏、宮崎謙介氏、舛添要一氏など、政治家のスキャンダルを数多く暴いてきた。

大臣辞任や議員辞職に追い込まれた人もいた。

ただ、我々は「首をとること」を目的にスクープを狙っているわけではない。

我々がするのはあくまで「ファクト」の提示である。

「みなさん、知っていましたか?」「この人はこんなことをしていますよ」。そこまでだ。

引用元:ダイヤモンドオンライン

https://diamond.jp/articles/-/121796

 

「おもしろければいい」「売れればなんでもいい」とは全く思っていない。

報じられた側が必要以上にバッシングを受ける時代であることも痛感させられた。

おもしろさを追求するだけではなく、ペンの力をいかに行使するのか。

さらなる自覚が必要だと考えている。

 

引用元:週刊文春 編集長の仕事術 新谷学著

https://galapagosstore.com/resource/browser/v21/index.html#sample=true&cid=519650&pid=sh&url=https%3A%2F%2Fgalapagosstore.com%2Fweb%2Fdispatch%3FPR%3D562735%26PT%3DBUY_NOW%26cp%3DdmzYHbRZK_m7HabxgVS-e2go4WNaslQNM_7RGKwEyjPg7dMiczk0aRMwEW-6gaQMT2m4e7srzeGJTiLnoNqujPooYCy5d6eSMo16bMQj2LhYNe3fORlfDFmFXfPSMEEWyvzqPer8uW1MrDriYfr0fA%3D%3D&title=%E3%80%8C%E9%80%B1%E5%88%8A%E6%96%87%E6%98%A5%E3%80%8D%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%95%B7%E3%81%AE%E4%BB%95%E4%BA%8B%E8%A1%93

 

スクープを狙っている対象者に対して「ああだの、こうだの」言うぐらいであれば、その“証拠を探して突き付けた方が何倍もの説得力がある”という取材魂を感じました!

あくまでも目的は、誰かを蹴落とすとかではなく“純粋な報道”なのです!

 

1章~6章までの6本立て

「週刊文春 編集長の仕事術」は第1章~第6章までの6本で構成されています!

 

第1章「情報/人脈」

○あらゆるビジネスは“人”が全ての始まり

どのように人間関係を構築し、情報を入手しているかについて

 

第2章「企画/発想」

“度肝を抜くスクープや話題になるような企画”を立てるときに、どんな“アプローチ”をしているか

 

第3章「依頼/交渉」

○あらゆる取材は一筋縄ではいかない。難攻不落の相手の心をどうやって開かせるか。

“不可能”“可能”にする、その舞台裏や心構えについて

 

第4章「組織/統率」

○仕事は一人では決して完結しない。編集長の私だけでは何もできない。

デスクや記者に気持ちよく働いてもらい、“継続的に結果を出すチーム”を作る上で必要なことについて

 

第5章「決断/覚悟」

○あらゆるビジネスには“リスク”が付きものだ。

「週刊文春」を作る上で、いかにリスクと向き合いながら“決断”を下し、どんな“覚悟”で記事を掲載しているのかについて

 

第6章「戦略/本質」

“マーケティング”“ビジネス”の本質にも言及する「週刊文春」の戦略について

 

週刊誌なので、話の軸は“メディア”についてですが、“ビジネスという視点”ではどの仕事にも当てはまる内容でその全てを“活用・応用”できると感じました!

リーダーシップが必要な管理職の立場の方が見ると、より影響力があるのではないでしょうか。

 

 

「週刊文春 編集長の仕事術」の値段は?

 

「週刊文春 編集長の仕事術」は2017年に出版されてから数年が経ちましたが、未だなお影響力のある書籍です!

現在では、当時の定価とどれぐらいの値段の差があるのでしょうか。

以下、比較していきます↓↓

 

2017年の出版当時は約1,500円

“ネット上での販売価格”になりますが、どのサイトでも“1,380円~1,400円(税抜)”でした。

店頭価格について情報はありませんでしたが、発売が同時期なので価格も変わることはないでしょう!

なので、値段は“約1,500円(税込)”だったことが分かります!

 

現在は新品・中古品にて大きな金額差がある

現在でもネット上で「週刊文春 編集長の仕事術」は販売されており、その値段は新品で“1,200円~1,400円(税抜)”と発売当時と“さほど変わりません”でした。

 

「アマゾン」

電子書籍 新品 ¥1,247(税込)

単行本 新品 ¥1,380(税込)

 

「楽天ブックス」 新品 ¥1,540(税込)

 

「ブックオフ」 中古品 ¥200(税込)

 

現在では、数年が経っていることから中古品も出回っており、最安値で¥200円という“破格の安さ”のものまでありました!

当時の新品と比べると“1,000円以上”も値段が安くなっており、かなりお得に感じます!

 

中古品ということで“本の状態”については購入する時に確認する必要がありますね!

 

ネット上の口コミまとめ

 

新谷学さんの「週刊文春 編集長の仕事術」について“ネット上の口コミ”をご紹介していきます!

 

飛ぶとり落とす勢いの週刊文春の内情がリアルに書かれており、読み応えがありました。スクープの裏側や編集部の信念など、前線で働いている人ならではの熱意ある文章は元気が出ます。 リーダー論、組織論としても参考になりそうでした。

 

数々の文春砲を生み出すまでに至ったスキル、極意を解説。他社とは違う考えを持ち、それを貫いているからこそ、現在の地位をkeepできているのだと思う。人に対する仕事だから、人と人との直接の付き合いを大事にしている。

 

週刊誌は売らんがために対象者への(悪)影響はまったく考えずにゲスな情報をバンバン載せるようなイメージがありましたが、少なくとも著者のポリシーは違うということは分かりました。綺麗事(だけ)を書いているかもしれない??ですが、”文春砲”のカラクリがこの本を読んでちょっと分かったような気がします。

 

読み終えて、まず思ったのはこの人の下で働くのはめちゃくちゃ面白いやろなってこと。仕事に対する信念を感じた。現状のメディアに対する危機感。人間への愛と興味。スクープを生み出し続ける組織運営。そして、人生フルスイング主義。

 

週刊文春の編集長というからどんなにオラオラかと思いきや。。至極まっとうな人でした。というか共感ポイントがかなり高め。週刊誌はとかく嫌われがちですが。そうだよなぁ。これだけ求められて利益を出しているわけだから必要悪なんだ。うちの母も割と週刊文春はたまに読んでますが、相乗りして読むとなかなか読みごたえがあるし。。仕事術もわかるわかるが多くて面白かった。出る杭を引き上げる、できる人ほど返事が早い、一緒に仕事をしたいと思われる人物になる。。私も頑張るぞ!と素直に心機一転できた。

 

面白いです。出版業界に特有の、ということでもなく、組織で仕事をしていると参考になることがたくさん書いてあります。それより、文春はそうとうちゃんと調べて、やっぱり「これは知らせなければならない」とか「みんな知りたいだろう」というものを書いている雑誌だったんだ、と。人を蔑める黒い気持ちでやみくもに書いているわけではない、と。一生懸命情熱かけて知らされる情報はタダじゃない。ネットの有料記事に舌打ちする瞬間が多いけど、よく考えたら価値のあるものに正当な対価は真っ当と認識させられる内容でもあります。

 

コミカルな語り口で熱い気持ちが伝わってくる本です。ただ、面白い、ファクトを伝えるで、不必要な損害を被る関係者が発生するのも事実なので、週刊文春をもう30年以上購読していますが、必ずしも全面的に支持することはできない雑誌です。

 

量、粘り、スピード感。どれも圧倒的に足りていない。著者の仕事に対する使命感は鮮明で、すぐに真似させてもらいました。

 

スクープを出し続ける文春も普通のビジネスマンと同じ。人とのつながり、信頼、経験、お金…は大事な事。職場は明るく楽しくないとダメ!「やらされてる」のではなく自分の意思で「面白がってやる」仕事でないと続かない。誰よりもリーダーがそういう姿勢を見せないと仕事場は明るくならない。最後に一度きりの人生。「フルスイング主義」で行こう。とあったが、たまには見逃しがあってもいいんじゃないかと思ってしまったあたしは弱いのか?

 

良し悪しは別として興味がある事を取材し続ける週刊誌。企画の立て方、決めた取材対象の懐に入るプロセス、対象に至る人脈の築き方、証言の得方まで泥臭さ満載。別に特別なことではない。単純に人と気持ちよく付き合う方法をとことん追求した興味深い本。

 

全引用元:読書メーター

https://bookmeter.com/books/11580555?page=2

 

まとめ

○熱意が伝わり、“リーダー論、組織論”がタメになった

○人に対する仕事だから、“人と人との直接の付き合い”を大事にしていることが分かる

○著者の気持ちから、“周囲へ悪影響を与えるだけ”という週刊誌の“認識が変化”した

○この“著者の下で働くことが面白そう”

○週刊文春の編集長なので怖いイメージをしていたが、至極“まっとうな人”だった

共感できるポイントが多い

○ネットの有料記事に舌打ちする瞬間が多いけど、“価値のあるものに正当な対価を支払うことは当然”だと認識させられた

○共感はするも、必ずしも“全面的に支持することはできない”

○著者の仕事への姿勢から、自身の“量、粘り、スピード感”がどれも圧倒的に足りていないことに気付いた

○たまには“見逃し”があってもいいんじゃないかと思う

○良し悪しは置いといて、“人との付き合い方をとことん突き詰めた”内容に興味が湧く

 

以上、「週刊誌 編集長の仕事術」に対する“ネット上の口コミ”をまとめました!

週刊文春に対する賛否はありますが、新谷学さんの“仕事への向き合い方”については共感する人も多かったです!

 

“業種・職種を問わず”、ビジネスに活かすことができる内容となっているのでここまで賛成派が多かったのでしょう!

読者の方々は、“自分の仕事と照らし合わせて考えていた”ようでした!

 

新谷学の著書についてまとめ

 

「週刊文春」“現・編集局長”“新谷学”さんの編集長時代の“著書”「週刊文春 編集長の仕事術」“内容”“値段”、その本の“口コミ”についてお話してきました!

 

まとめ

○「週刊文春 編集長の仕事術」の内容は“仕事に対するストイックさ”が伝わる作品

さらに、ビジネスは“人と人とのつながり”だということが根本にある

○発売当初と現在の新品・中古品と比較すると、“約1,000円以上”もの値段の差がある

○口コミについては、賛否ありながらも“賛成派の方が多い”ように感じる

その理由として、どの仕事にも活用できる内容で“共感しやすい”ため

 

新谷学さんは、“報道に対するストイックさ”や、“チームとしての作業が機能するため”“リーダーシップ”も持ち合わせていました!

誰よりも純粋に報道を伝える姿勢を崩さず、それが「文春砲」と呼ばれる記事が世に出回る大きな要因なのでしょうね!

 

気になった方は、ぜひ「週刊文春 編集長の仕事術」を読んでみて下さい!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です