【鬼滅の刃】鋼鐵塚蛍のセリフから玉壺に目を潰されても刀鍛冶を続けた理由を考察

「鬼滅の刃」では、鬼を斬る刀を“日輪刀”と呼びます!

この日輪刀を作っているのは、“鬼殺隊士の刀”を長年作り続ける刀「鍛冶の里」の刀匠たちです!

中でも、よく登場するキャラが“主人公・竈門炭治郎かまどたんじろうの刀を作っている“鋼鐵塚蛍”はがねづかほたるです!

 

今回は「鬼滅の刃」の中から、以下の点についてお話していきます!

“鋼鐵塚蛍”“上弦の伍・玉壺”ぎょっこ“目”を潰されながらも、“刀を研ぎ続けた”理由を考察

 

 

「鬼滅の刃」鋼鐵塚蛍が刀を研ぎ続けた理由について

参考資料:ジャンプまとめ速報

https://jumpmatome2ch.biz/archives/82005

 

“鋼鐵塚蛍”は、刀鍛冶の里に鬼が襲来したときに錆だらけの刀を研いでいました!

この刀は、“炭治郎”と里出身の“小鉄”が修行中に偶然見つけ出したものでした!

鋼鐵塚は一目見て、その刀に“魅力”を感じ“職人の血”が騒いでいました!

 

鋼鐵塚は、“鬼を目前にして身の危険がある”にも関わらず、“刀を研ぎ続けた”のでしょうか?

以下、考察していきます↓↓

 

鋼鐵塚蛍は刀鍛冶になると周りが見えなくなる

もともと、鋼鐵塚は“職人気質”で、“刀に対する愛情が人一倍強い”男です!

なので、刀の製作には“全集中”で作業にあたります!

そして、それは人間の敵・“鬼”がいる時でも変わりませんでした!

参考資料:ジャンプまとめ速報

https://jumpmatome2ch.biz/archives/82005

 

もはや、「職人だから」という言葉では片付けられないほどに刀に集中し、まるで周囲の状況が見えていませんでした

それは、“上弦の鬼・玉壺”も戸惑うレベルでした。

なぜなら、玉壺もまた自身を“芸術家”と称し、壺作りに没頭しているようでした。

同じ「モノづくり」の立場として、ここまで作品に集中することができる鋼鐵塚に対して“嫉妬”したのです!

参考資料:ジャンプまとめ速報

https://jumpmatome2ch.biz/archives/82005

 

嫉妬した玉壺は、鋼鐵塚を殺すことよりも、「どうにかしてその手を止めさせたい」「集中力を切りたい」という考えに変わっていきます!

鬼にここまでさせる鋼鐵塚の集中力は、逆に“おかしい”です!

横で刀鍛冶の“友人・鉄穴森”かなもりが鬼に襲われて血を流していても「我関せず」の状態でした!

 

それぐらい、鋼鐵塚は刀作りになると“周囲が見えなくなる”のです!

 

鋼鐵塚(はがねづか)は、玉壺に目を潰された

先ほどの、鋼鐵塚は刀鍛冶中に“周囲が見えなくなる”というお話しの続きとなります!

鋼鐵塚に嫉妬して玉壺は、なんとかその“集中を切りたい一心”で鋼鐵塚に“攻撃”します!

最初は、体を傷つけて鋼鐵塚はそれにより出血します。

 

しかし、気付いているのかいないのか分かりませんが、刀を研ぎ続けていました!

玉壺はさらにヒートアップして、鋼鐵塚に攻撃を加え続けて、最終的には“目を潰しました”

参考資料:まんガモア

https://manga-more.com/archives/1365

 

驚くべきことに、鋼鐵塚は“全く気にもせず刀を研ぎ続けていた”のです!

“目を潰されている”ので、ここまでくると気付いていない訳がなく、“失明、痛み”などでもがき苦しんでもおかしくはないです。

しかし、それでも鋼鐵塚は“刀を研ぎ続けて”います。

 

集中力が麻酔となっていたのでしょうか、見ているこちらが痛くなってきそうでした。

このように、鋼鐵塚は鬼の“玉壺に目を潰されていながら”も、刀一筋で制作作業にあたっていました!

 

 

鋼鐵塚のセリフから刀の作り手への「尊敬」「関心」から研ぎ続けたと考察

鋼鐵塚は、“体を切り刻まれても、目を潰されても”刀を研ぐその手を休めようとはしませんでした!

それには、鋼鐵塚なりの“強い想い”がありました!

 

それが分かる鋼鐵塚のセリフを見ていきます↓↓

参考資料:ジャンプまとめ速報

https://jumpmatome2ch.biz/archives/82005

 

参考資料:ちゃん速

http://chansoku.com/archives/1055745.html

 

「作者は誰なのだ、“どのような方”がこの刀を」

「なぜ自分の名前を刻まず“この一文字”を、、」

「いやわかる、わかるぞ」

 

「これ程の刀に“自分の名を刻まなかった理由”、、」

「この一文字、“この一念のみを込めて打った刀”なんだ」

「ただひとつ、これだけを“目的”として打った刀」

 

刀鍛冶のプロである鋼鐵塚ですら、今自分が打っている刀の凄さに驚いていました。

作り手は“誰”なのか、なぜ“名”を刻まないのか、なんの“目的”なのか気になって仕方がない様子でした!

そして、刻んであるのはただ一文字「滅」だけでした。

 

おそらく鋼鐵塚は「鬼滅の刃」だと認識していたはずです!

それほどの実力者が後世に名を残すことよりも、「滅」というただ一文字に心血を注いだ事実が衝撃だったのでしょう!

 

鋼鐵塚が、“鬼の玉壺に目を潰されながらも刀を研ぎ続けた理由”は、同じく刀鍛冶として、自分が手にしている刀の作り手に対する「尊敬の念」興味関心」がそうさせたのだと考察しました!

 

「鬼滅の刃」鍛冶屋・鋼鐵塚蛍について考察まとめ

 

今回は「鬼滅の刃」の中から、以下の点についてお話してきました!

“鋼鐵塚蛍”“上弦の伍・玉壺”ぎょっこ“目”を潰されながらも、“刀を研ぎ続けた”理由を考察

 

まとめ

〇鋼鐵塚蛍は、鍛冶屋のことになると“周囲が見えなくなる”

“上弦の鬼・玉壺”“目”を潰されても“刀を打ち続けた”

〇鋼鐵塚がケガをしながらも刀を打ち続けた理由は、刀の作り手に対する「尊敬の念」「興味・関心」から

 

以上、刀鍛冶の里の“鋼鐵塚蛍”についてお話しました!

鋼鐵塚もまた、将来の“日輪刀作り”を背負っていく“刀匠”になると感じます!

 

鋼鐵塚蛍の刀に対する人一倍強い気持ちを、ぜひ「鬼滅の刃」でご覧下さい!

✔ チェック

 

まずは、「無料で1話から」と考えている方は、こちらから見ることができます↓↓

アニメ【鬼滅の刃】1期「全26話」を見逃しても無料でフル視聴する方法

 

合わせて読みたい>>>>>

【鬼滅の刃】炎柱・煉獄の過去や責務は?名言「心を燃やせ」からかっこいい生き様を解説!

【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎には継子がいた?甘露寺蜜璃との関係が分かるのは何巻の何話?

【鬼滅の刃】善逸の師匠・桑島慈悟郎は死亡?じいちゃんのセリフ「誇り」は感動?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です