アナと雪の女王2の新曲や主題歌とその意味は?劇中歌に含まれるサントラ発表についても

この記事を読むのに必要な時間は“約 4 分”です。

 

先日、ディズニーファンイベントの“D23EXPO”にて、「アナと雪の女王2」“新曲”が発表されました。

映画公開に向けて、どんどん話が進んでいっています!

 

今回は、「アナと雪の女王2」の“新曲”“主題歌”“その意味について”や、劇中歌で使用される曲の“サントラ”についてもご紹介します!

 

アナと雪の女王2の新曲について

 

前述したイベントでは、今作「アナと雪の女王2」“登場する2曲”が紹介されていました!

イントゥ・ジ・アンノウン

1曲目はイントゥ・ジ・アンノウンです。

この曲は、前作の“レット・イット・ゴー”の作詞・作曲を務めたクリステン・アンダーソン=ロペスが作った曲です。

歌い手は、エルサ役を務める“イディナ・メンゼル”です!

日本語吹き替え版としては、エルサ役は”松たか子”さんなので、松さんが“イントゥ・ジ・アンノウン”を歌う可能性も高いですね!

 

サムシングス・ネバー・チェンジ 

2曲目は“サムシングス・ネバー・チェンジ”です!

“エルサ”“アナ”“クリストフ”“オラフ”らメインキャラクター4人によるアンサンブル曲です。

 

エルサ役の“イディナ・メンゼル”、アナ役の“クリステン・ベル”

オラフ役の“ジョシュ・ギャッド”、クリストフ役の“ジョナサン・グロフ”が楽しく歌いそうですね!

 

吹き替えで言えば、

エルサ役の“松たか子”、アナ役の“神田沙也加”

オラフ役の“武内駿輔”、クリストフ役の“原慎一郎”の4人だと予想されます!

 

「アナと雪の女王2」の声優に関する記事はこちら>>>>>

【アナと雪の女王2】登場人物や声優キャスト一覧まとめ!日本語吹き替え版についても

 

“エルサとアナ”のデュエット曲

“クリストフとスヴェン”のデュエット曲

“オラフ”のソロ曲は前作でも使用されましたが、全員で歌う曲はありませんでした。

 

今回は初の“4人によるアンサンブル曲”なので期待が高まります!

 

アナと雪の女王2の主題歌

 

先ほど、新曲を2曲ご紹介しましたが“主題歌”は何になるのでしょうか?

 

それは、“イントゥ・ジ・アンノウン”です!

 

今作「アナと雪の女王2」“主題歌”“エルサのソロ曲”となっています!

聴いていただくと分かるのですが、徐々にハイテンポになっていく曲です!

曲調は「レット・イット・ゴー」に似ているかなという印象です!

 

エルサの迷い苦しんでいる様子が分かる、新曲“イントゥ・ジ・アンノウン”でした!

 

アナと雪の女王2の新曲の意味は?

前作で言えば、「レット・イット・ゴー」という曲名で、意味は「ありのままで」でしたよね?

今作の新曲はどういった意味があるのでしょうか?

以下、解説します!

イントゥ・ジ・アンノウンの意味

“イントゥ・ジ・アンノウン”の意味は、“未知へ”です!

今作では、エルサや仲間たちが“未知の世界”で闘います!

そういった意味合いもあるのでしょう。

 

ストーリーの考察についての記事はこちら>>>>>

アナ雪2の予告動画からあらすじやストーリーを考察!精霊サラマンダーやウンディーネとは?

 

前作の意味が「ありのままで」

今作の意味が「未知へ」

どちらも、エルサに関係していることだと思われます!

サムシングス・ネバー・チェンジの意味

“サムシングス・ネバー・チェンジ”“なにも変わらない”という意味です。

これも、エルサに関係することだと考えています!

 

前作と同様に、何か悩みがあって1人で苦しんでいる時におそらくアナら仲間がこう言うのでしょう。

「エルサは特別でもなければ孤独でもなく、私たちの関係性はなにも変わらないよ」と励ますようなシーンで歌われることでしょう!

 

 

アナと雪の女王2の劇中歌に含まれるサントラについて

 

つい先日、この「アナと雪の女王2」の劇中歌に含まれる“サントラ”が発表されました!

まだ、内容が不明の曲もありますがご紹介していきたいと思います!

 

1.「オール・イズ・ファウンド」(エバン・レイチェル・ウッド)

アナとエルサの母親・“イドゥナ”が子守歌として歌う曲です!

2.「サム・シングス・ネバー・チェンジ」(クリステン・ベル、イディナ・メンゼル、ジョシュ・ギャッド、ジョナサン・グロフ)

アナ、エルサ、オラフ、クリストフの4人の“アンサンブル曲”です!

意味は「なにも変わらない」です。

3.「イントゥ・ジ・アンノウン」(イディナ・メンゼル)

今作「アナと雪の女王2」の主題歌です!

エルサのソロ曲で、「未知へ」という意味です。

4.「ホエン・アイ・アム・オールダー」(ジョシュ・ギャッド)

オラフのソロ曲です!

意味の詳細はまだ出ていません。

5.「トナカイのほうがずっといい」(ジョナサン・グロフ)

6.「ロスト・イン・ザ・ウッズ」(ジョナサン・グロフ)

どちらも、クリストフのソロ曲のようです!

意味の詳細はまだ出ていません。

7.「ショウ・ユアセルフ」(イディナ・メンゼル、エバン・レイチェル・ウッド)

エルサと母・イドゥナの“デュエット曲”です!

意味の詳細はまだ出ていません。

8.「ザ・ネクスト・ベスト・シング」(クリステン・ベル)

アナのソロ曲です!

前作の「雪だるまつくろう」のように人気になるのか注目ですね!

意味の詳細はまだ出ていません。

9.「イントゥ・ジ・アンノウン」 (パニック・アット・ザ・ディスコ)

10.「オール・イズ・ファウンド」(ケイシー・マスグレイヴス)

11.「ロスト・イン・ザ・ウッズ」(ウィーザー)

それぞれ曲は一緒で、歌い手が変わっています。

どちらのタイプも聴いてみたいですね!

 

アナと雪の女王2についてまとめ

今回は、「アナと雪の女王2」“新曲”“主題歌”“サントラ”についてご紹介してきました!

 

メインとなる新曲や主題歌はもちろん、サブのクリストフのソロ曲なんかも聴いてみたいです!

前作と同じく、アナ雪旋風が巻き起こるかどうかが気になるところですね!

 

映画は、今年11月公開なのでぜひ見てみて下さい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です